トップ > 自動認識トレンド情報 > カードやラベルだけじゃない ~いろんなタイプのICタグ~

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

『カードやラベルだけじゃない ~いろんなタイプのICタグ~』

Vol.203

セルフレジの増加や交通機関でのICカードの利用で、すっかりRFIDは身近になってきました。一般の人には目につきにくいですが、物流や生産現場、医療現場でも日々使われています。今月はさらに多くの利用シーンを生んでいる、少し変わったICタグを紹介します。

もっと人を認識したい!

 RFIDで人を認識したい場合、すでに多くの方がされているのが、電車の改札で樹脂製のICカードをかざす、という使い方です。ですが、これ以外の使い方でしたらどうでしょうか? 今回はちょっと変わったICタグをご紹介します。 もしも、プールや温泉、温浴施設で使いたいといった場合、平たいカード状だと取扱が少々邪魔になります。こんな時には腕にとりつける「リストバンド」タイプが便利です(図1)。
 樹脂やシリコンで内部が保護されており、長持ちします。「クーバングル」タイプは内部に金属のプレートがはいっており、腕にくるりと簡単にまきつけることができます。腕時計のムーブメントのように見える部分がICタグで、ここはHF帯、UHF帯どちらもあります。UHF帯ICタグでは金属や人体でうまく読み取りできなくなるのではないと思われがちですが腕にまきつけるバンド金属部分を活かすようにICタグがチューニングされているため1~3m程度は通信可能です。


 昨今は一般的なICカード形状でもHF/UHFのデュアルカードが登場しています(図2)。
 1つのインレイに2種のICカードが入っています。サイズは一般的なクレジットカードサイズにとなっています。内部のICチップはMIFAREやMonzaR6といった使い慣れたICチップが入れられており、システム的にすでにあるものが、活用しやすくなっています。こういった複合タイプのタグの場合、通信距離が心配になりますが、アンテナの干渉をうまく処理することで、UHF帯の場合1~6mと、十分な性能を保持しています。2種のデュアルですから車両での構内への出入りにUHF帯を使い、社屋の入退室にはHF帯を使うなど1枚のカードタグで2つのアプリケーションに使うことができます。

今あるものにプラス対応!

 社員の認証を長距離読み取りで行いたいけど、すでに社員証がHF帯のFeliCaのICカードで作られていて、今から全社員の社員証をデュアルカードに変えるのは大変、といったことも多いかと思います。今あるICカード社員証を活かしつつUHF帯ICタグを付加するやり方もあります。

工夫で金属に対応!

 金属製品をICタグで管理したい場合、一般的には金属対応ラベルやハードタグを使用しますが、多様なニーズに対応した製品がでてきています。例えばUHF帯組立式金属対応タグです(図5)。金属面に金属対応でないICタグ、ラベルを直に貼ってしまうと、うまく読み取りができなくなってしまうのですが、金属とICタグの間に、ある程度の隙間、距離をとることで、普通のICタグでも読み取りは改善します。このICタグはペーパークラフト式に、ICタグを組み立てて金属から少し離してやる形状で使用します。また、組み立てる前は平たく、普通のラベル同様、ロールなのでプリンタを使って表面印字も可能となりました。 薄い金属対応のICタグとして、クレジットカードサイズの「金属対応UHFプレート」もあります(図6)。厚さ2mmと管理したい機材に貼付しても邪魔にならない薄さです。貼付対象の金属サイズに関わらず、金属であれば2~3m、樹脂であれば1~2mの距離で通信できます。耐薬品性・耐候性に優れている塩ビ(PVC)を基材とし、表面にレーザー刻印やフルカラー印刷も可能です。各種の機器の管理・保守点検といった用途での目視確認に使用できます。 

もっと様々な環境に対応!

  ラベルを被着体に貼付する糊や、基材に工夫することで耐油性、耐薬品性、耐低温性、耐熱性、耐水性といった様々な用途に活用できます(図7)。 
 インデックスタグ、フラッグタグといわれる、ラベルの一部だけを金属に貼り、対象から飛び出させるICタグがありますが、これも、強粘着糊を使って、屋外で活用するといった手法もとれます(図8)。もちろん樹脂でモールドされたICタグに比べれば耐久性はありませんので全く同じようには使えませんが、こんな風にラベルタイプでも、素材を工夫することで新たな活用方法が生まれます。

おわりに

 広がるRFIDの活用による社会のDXは、リーダライタやICチップの進歩とともに、ICタグ自体の活用ノウハウの深化が両輪となって牽引しているように感じます。皆様のお役に立つ情報・新製品などがありましたら、またご紹介させていただきます。どんな些細なご要望でも、弊社営業担当までお気軽にお問い合わせください。

技術情報誌 Flags(PDFデータ) 202204-flags203(1.04 MB)
UHF帯RFID提案・導入事例集 RFID導入のポイントを紹介します。

RFID関連技術トレンド情報

UHF帯RFID関連技術ガイド

関連製品

製品詳細へ

(NEW!)自律駆動型固定式UHF帯RFIDリーダライタ 「MRU-F5100JP」

MRU-F5100JPは簡単設定の自律駆動型UHF帯RFID固定式リーダライタです。

上位システム開発負担を軽減!

・マニュアルモードと、4つの自律モード搭載
・自律モードでは制御パソコン不要! 電源ONで自動的にICタグを読み取って上位にデータを送信
・各種設定はブラウザから簡単設定 
PLCリンク機能搭載。ラダーなしでメモリにICタグデータが上がります

●LAN接続(Socket通信、HTTP/HTTPS通信)、シリアル接続(RS-232C)をサポート
●電源 DC12~24V 及びPoE対応
●ハードな産業用途に耐える高い堅牢性
●動作温度 -20℃~55℃
日本製。日本語マニュアル、日本語資料でわかりやすい

製品詳細へ

製品詳細へ

非接触ICカードマルチ端末 [MTR-220/225] 

CPU にIntel Atom プロセッサを採用して処理能力、グラフィック性能を向上。従来機MTR-200で好評の7インチWVGA タッチパネルや、有線LAN、 USB、シリアル、GPIO 等豊富な外部インターフェースをそのままに、より幅広い用途でお使いいただけるようになりました。

製品詳細へ