画像認識とは

画像認識(image recognition)とは、画像から特徴を抽出し、対象物を識別するパターン認識技術の一つです。具体的には、画像に映っている物体の状態をコンピュータに識別させ、認証や検査に用いることです。2次元コードの読取はもとより、人の顔から個人を認識する「顔認識(顔認証)」や数字や文字を識別する「文字認識(OCR)」も画像認識の一種です。生体認証(バイオメトリクス)にも技術的には大きな意味での画像認識を活用したものが多くあります。

画像認識を手軽に

一般的に、画像処理システムの導入は、画像認識エンジンや学習モデルなどのコア技術に加え、高価な専用ハードやソフト、さらに全体を管理するシステムが必要となります。当社は、コストを理由に導入を躊躇されているお客様に、スモールスタートを可能にする画像処理システムを提供いたします。

このようなお客様に最適です。

  • 高価な“産業用カメラ”、“専用照明”、“画像検査機”ではオーバースペック…
  • 多品種製造でそれぞれにマシンビジョンを導入するには予算が…
  • 手軽に検知、認識が可能かを試してみたい

さまざまな検査・画像処理に対応

有無検査

有無検査

部品組立時の必要部品の有無検査。

色順検査

色順検査

色認識による部品の並びチェックなど。

数量カウント

数量カウント

箱、パレットの中にあるものの数量確認

バーコード&OCR読み取り

バーコード&OCR読み取り

検査と同時にバーコードとOCR読み取り可能。

OCR活用パッケージ

OCR活用パッケージ

モバイル端末OCRを活用したパッケージも提供

国内外で導入事例が増加中!

※詳細については対面またはWEBミーティングでのお打ち合わせで紹介させていただきます。是非お気軽にお問合せください。

技術トレンド情報