導入までの経緯

UHF帯RFID固定資産管理導入までの運用

同社工場では従来、バーコードラベルを固定資産に貼付し、棚卸の際にハンディターミナルでバーコードを一つ一つ読み込んでいましたが、管理点数が多く、作業人数と作業時間がかなりかかってしまうため、効率化が求められていました。

RFIDを用いて、一括で読取を完了させたいとの要望があり、UHF タグの選定からハード提供、システム開発、設置調整対応までワンストップで 提供できる当社に提案の機会をいただきました。

導入前の課題

①棚卸に時間がかかる

管理点数が多い固定資産の棚卸には、多くの作業者と膨大な作業時間が必要になっており、他の作業に人員を配置できない。
手書き管理の棚卸エリアでは、後から帳票への転記が必要で手間がかかり、転記ミスのリスクもある。

棚卸に時間がかかる

②バーコードラベルの位置が分かりづらい(隠れている)

倉庫内での積載状況によっては、密な配置によりバーコードラベルが目視出来なかったり、バーコードラベルが管理棚の裏面側に向いていたりすることで、バーコード読取のために都度位置をずらしたり、棚から取り出して読取後に戻す作業が必要だった。

バーコードラベルの位置が分かりづらい(隠れている)

③短期的に区画管理ができない

短期的な棚卸ができていなかったため、どの区画にどの設備があるかの把握が不明瞭であった。

導入ソリューション

システムの機能・特長(運用フロー)

UHFタグの選定・貼付

各固定資産にUHFタグを貼付します。対象物に応じて最適なタグ、取付方法を選択します。

UHFタグの選定・貼付

棚卸の実施

棚卸元ファイルを上位システムからUHFハンディリーダに取り込み、棚卸を実施します。

棚卸の実施

見えない 場所のタグも 読み取りOK

見えない 場所のタグも 読み取りOK

HFタグは読み取り時にラベルと正対する必要がないので、見えにくい場所や、手が届かない場所にあるタグも一括で読み取ることができ、スピーディーな棚卸が可能。

導入までの流れ

RFID導入実績多数。安心してお任せいただけます。

当社には数々の現場を確認し蓄積してきた豊富な情報・ノウハウがあります。
それをもとにお客様にとって最適なご提案と共に、万全のテクニカルサポート体制を構築します。どんな些細なことでも不明点があればお気軽にご相談ください。

MTSの導入前コンサルティング

導入の流れ

  1. お問合せ
  2. ヒアリング
  3. 概算お見積り
  4. 現地サーベイ
  5. 正式お見積り
  6. 設置導入

専門技術員派遣

現場経験豊富な専門技術員チームがサーベイ、取付設置を行いますので安心です。

  • ICタグ・ハード機器の選定
  • システムのご提案
  • 現場改善のご提案

この製品・サービスに関するお問い合わせ、または導入のご相談・ご検討はこちらから

関連タグ