トップ > ソリューション/事例 > ソリューションモデル > (NEW!)UHF帯RFIDハンズフリー通過管理システム

ソリューションモデル
(NEW!)UHF帯RFIDハンズフリー通過管理システム

1134_ext_01_0.jpg

だれが、いつ、どのエリアに出入りしたかを記録したい。
(クラウドで複数拠点の入退出状況を集中管理)

  • クラウドで複数拠点、複数エリアの入退出状況をリアルタイムに集中管理
  • ハンズフリーで自動的に通過状況を把握。
  • 自律動作モード搭載の当社製リーダライタは、パソコンレスで運用が可能で、単体でルータ越しにクラウドサーバにデータ送信が可能。素早く、軽いシステム構築・運用を実現。


<適用例>
  • 建設現場での入退場管理
  • 工場・倉庫での構内作業人数の把握
  • 工場での仕掛かり製品の進捗把握
  • 入場制限エリアの不正侵入アラート
  • 車両の入退場管理
  • 病院・介護施設などでの外出・徘徊検知
  • 食品加工現場でのフードディフェンス
  • 展示会・セミナー会場での来場者動線把握 etc...


カタログダウンロード
お問い合わせ

システム例

1134_ext_06_0.jpg

導入メリット

ハンズフリーで自動的に通過状態を把握

UHF帯ICタグは読み取り距離が長く、ICタグを所持している人を離れたところから感知できるので、認証装置にかざす・触れるなどの操作が不要です。
非接触認証は通常のモノづくりの現場や、建設現場はもとより、食品加工現場や半導体工場などクリーンな運用が求められる現場で効果を発揮します。
認証装置の操作待ちで渋滞が発生することもなく、荷物などで手が塞がった状態でも認証が可能です。
システムで自動的に収集して、集計できますので、これまで記録を紙に書いて、入力・転記していたのに比べてはるかに楽にミスなく業務を進めることができます。

クラウドで複数拠点、複数エリアの入退出を集中管理

各拠点のリーダライタからLANを通してクラウド上の管理サーバにデータを送信することで、リアルタイムに複数拠点の入退出状況を把握することができます。誰がどのエリアからどのエリアに移動して、どれくらい滞在しているかなどが確認できます。

自律駆動型UHF帯RFIDリーダライタにより上位システム開発負担を軽減

当社製品「FRU-4025Plus/FRU-4100Plus」であれば、アンテナと本体を設置してLANでつなげば、途中パソコンによる制御なしで、インターネット上のクラウドにもデータ送信できます。本体とアンテナだけなので、最小スペースでの設置が可能。設置の手軽さと、クラウドが活用できることで、素早く、軽いシステム構築・運用がはじめられます。

automode.jpg

対応製品

(NEW!) 自律駆動型固定式UHF帯RFIDリーダライタ 「FRU-4100Plus/FRU-4025Plus」

FRU-4100Plus/FRU-4025Plusは簡単設定の自律駆動型UHF帯RFID固定式リーダライタです。

上位システム開発負担を軽減!

・マニュアルモードと、3つのオートモード搭載
・オートモードでは制御パソコン不要! 電源ONで自動的にICタグを読み取って上位にデータを送信
・オートモードの各種設定はブラウザから簡単設定 

●無線局申請不要な特定小電力型と構内無線局(免許局)の2モデル
●LAN接続(Socket通信、HTTP/HTTPS通信)をサポート
●外部インターフェース(LAN/DIO)
●電源 DC12~24V対応
●小型、省スペース

製品詳細へ

UHF帯RFIDタグ

長距離通信が可能なUHF帯対応ICタグを各種取り揃え、物流資材、固定資産用など対象物に応じて最適なものをご提案さしあげます。
●用途例
○耐熱対応
○カゴ車
○ドラム缶
○金属パレット
○ラック
○PC
○什器
○サーバ
○金型
○工具 etc...) 詳しくはお問い合わせください。

製品詳細へ

info_icon02.jpg関連技術トレンド情報

自律駆動型UHF帯RFIDの活用事例

お問い合わせ