トップ > ソリューション/事例 > ソリューションモデル > UHF帯RFIDによる持出管理(工具・計測機器等)

ソリューションモデル
(NEW!) UHF帯RFIDによる持出管理(工具・計測機器等)

UHF 帯 RFID タグを用いて、工具や計測機器等の一括読取と、持出・返却履歴等の使用状況の一元管理を実現しました。(某鉄道サービス業、航空業など)

鉄道現場での工事サービス業者様や、某製造業の生産技術部様では、工具や計測機器の持出・返却作業を目視確認で行っていましたが、管理点数が多く確認作業に時間がかかってしまうことが課題となっていました。
また、現場での工具置き忘れ防止システムや、計測機器のメンテナンス履歴の管理システムも探しており、RFIDタグを用いた持出・返却管理を検討していました。
上記課題に対し、UHF タグの選定からハード提供、システム開発、設置調整対応までワンストップで 提供できる当社に提案の機会をいただきました。

カタログダウンロード

導入前の課題

現場での置き忘れチェックが不十分 ①持出・返却情報のチェックに手間と時間がかかる

管理点数が多い工具・治具のチェックに時間がかかっており、現場作業の負担となってしまっている。 紙の台帳で管理しているが、所在管理が煩雑なために使いたい時に必要数が足りず、毎回探す時間がかかるなどの問題が発生している。


現場での置き忘れチェックが不十分
②現場での置き忘れチェックが不十分

現場作業は深夜に行うため、目視による置き忘れのチェックのみだと、どうしても見落としが発生するリスクがある。現場での置き忘れが重大な事故につながる可能性があるため、厳密にチェックする仕組みにしたい。


工具・治具の校正期限の管理を行い、劣化による不具合を防ぎたい
③工具・治具の校正期限の管理を行い、劣化による不具合を防ぎたい

購入時期やメンテナンス履歴が現場ではすぐにわからず、どの工具を何回使ったか、校正期限がいつなのかの把握が出来ていない。

お問い合わせ

システム例

※アイテムに応じて最適なタグをご提案します。(金属対応タイプ他、各種形状取り揃え)

導入メリット

持出・返却処理のミス減少と、資産としての管理意識の向上

紙の台帳で持出・返却管理をしていた頃に比べ、タグの読み取りによる運用に変えたことで、持出・返却処理の人為的ミスが減少した。
さらに、タグを貼付して厳密に管理し始めたことにより、資産としてきちんと扱わなければならないという、作業者の管理意識が向上した。

現場での置き忘れチェックに対するストレス軽減

タグ探索機能を用いた置き忘れチェックにしたことで、目視確認時に目を凝らして確認していた作業者の作業負担を減らすことができた。

定期的に棚卸を行い、処理漏れや紛失にいち早く気付けるようになった

RFIDタグが貼付されていることで、棚卸にかかる時間が大幅に短縮され、月1回棚卸を実施することが出来るようになった。また、短期での棚卸を実施することで、返却処理漏れや紛失等にいち早く気付き、より確実な所在管理が行えるようになった。

対応製品

iPhone/Android端末対応 UHF帯RFIDハンディリーダライタ 【RFD8500】 ZEBRA(ゼブラ)

マルチプラットフォーム対応。Android,iOS 各種スマートフォン、タブレットとbluetoothで簡単接続。RFIDハンディターミナルとして活躍。

●iPhoneやAndroidスマートフォンとBluetoothで簡単接続。
 携帯電話網でのリアルタイム通信可能なモバイルRFIDハンディターミナルとして活躍。
●高出力& 特定小電力(250mW)に対応
●圧倒的な読み取りスピード(600タグ/秒)を実現。
●バーコード・2次元コード対応モデルもご用意。
●80か国以上で利用可能

製品詳細へ

高出力UHF帯RFIDハンディターミナル【MC3330R】 ZEBRA(ゼブラ)

強力なAndroidプラットフォームを採用 クラス最高のミッドレンジ RFID 読み取り性能

●圧倒的な読み取りスピード(900タグ/秒を実現)
●キーパッドと大型タッチスクリーンでデータ入力も簡単
●バーコード・2次元コード読み取りにも対応
●堅牢設計 高い耐落下、耐衝撃性能。
●大容量バッテリを採用 長時間の稼動を実現。
●EPCglobal Gen 2 v2採用

製品詳細へ

UHF帯RFIDタグ

長距離通信が可能なUHF帯対応ICタグを各種取り揃え、物流資材、固定資産用など対象物に応じて最適なものをご提案さしあげます。
●用途例
○耐熱対応
○カゴ車
○ドラム缶
○金属パレット
○ラック
○PC
○什器
○サーバ
○金型
○工具 etc...) 詳しくはお問い合わせください。

製品詳細へ

お問い合わせ
RFID導入のポイントを紹介します。