トップ > ソリューション/事例 > 導入事例(RFID/バーコード・2次元コード)紹介 > ICカードシステム導入事例紹介「勤怠管理と連動したNFC食券発行システム」

ソリューション導入事例
「勤怠管理と連動したNFC食券発行システム」都内外資系ホテル様

830_ext_01_0.jpg

都内外資系ホテル様にて勤怠管理の効率化に向け、社員証NFCカードが活用されました。
24時間体制のホテル業界では、多種多様な勤務形態が存在し、勤怠管理に大きな労力を費やしていました。
この度のお客様は、出退勤の記録の他に、社員証NFCカードを利用した食券発行システムを導入し、社員食堂での購入履歴をクラウド勤怠管理システムへ連携させ、非常に効率的かつ正確な集計、管理が出来るようになりました。
お問い合わせ

システム概要図

830_ext_03_0.jpg

勤怠管理と連動したNFC食券発行システム

システムの機能・特長

NFCリーダ一体型マルチ端末MTR-220の選定理由

830_ext_06_0.jpg

・既存の社員証NFCカードが利用可能
・場所を取らないコンパクト設計
・スタッフがストレスなく操作可能
・上位の勤怠管理システムと連携が容易

食券発行システム食券発行システムの機能

・タッチパネルでメニュー選択が可能
・雇用形態、時間帯毎にメニューの自動切り替え
・社員証NFCカードで給与システムと連携
・オフラインでも食券発行が可能
・上位システムに合わせた容易なデータ連携
・メニュー作成が端末で可能

上位システムとの柔軟なデータ連携

食券発行端末でオーダーされた実績は、システム管理PCに常駐している端末制御ソフトが
全端末から定期的に自動回収して集計して蓄積します。

端末制御ソフトは、上位システムで取り込み可能なデータ形式に変換する部分のみをカスタマイズする事で、
上位システムは標準のデータ取り込み機能でデータ連携が可能となります。

上位システムのカスタマイズが必要ありません。

使用製品

thumnail

非接触ICカードマルチ端末 [MTR-220/225] 

CPU にIntel Atom プロセッサを採用して処理能力、グラフィック性能を向上。従来機MTR-200で好評の7インチWVGA タッチパネルや、有線LAN、 USB、シリアル、GPIO 等豊富な外部インターフェースをそのままに、正面防滴仕様となるなど、より幅広い用途でお使いいただけるようになりました。

製品詳細へ

紹介ビデオ

お問い合わせ