トップ > 製品紹介 > 2次元コード・バーコードリーダー > パネルコンピュータ > フォークリフト車載端末 (TCP-04-Fork )

パネルコンピュータ
フォークリフト車載端末 TCP-04Fork

702_ext_10_0.jpg
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

車載端末に要求される”衝撃”、”不安定電源”、 ”取付け”に応えたフォークリフト端末

TCP-04Forkは、Windows Embedded搭載のPatio700をベースに、振動・衝撃対策を施し、独自の安定化電源ユニットを一体化させたフォークリフト端末です。さらに車種毎に異なるフレームへの取り付けも、専用冶具で柔軟に対応が可能となっており、車載端末の特殊要求を徹底的に追及したフォークリフト専用端末となっております。電源ダウン時も内蔵のバッテリーで7時間まで単独運用が可能です。

お問い合わせ

仕様

型式 TCP-04Fork
制御部
 OS Microsoft Windows Embedded POSReady 2009
 CPU Intel Atom Z530P 1.6GHz
 メモリ 1GB(DDR2 SDRAM) / SSD 8GB(空き領域:最大約5GB)
表示部 透過型TFTカラー液晶・LEDバックライト方式 10.4型 XGA(1024x768)、SVGA(800x600)
操作部 感圧式タッチパネル、電源キー、テンキー(10キー)、ENTキー、カーソルキー(4方向)、ESCキー、小数点キー、BKSキー、輝度調整キー、ファンクションキー(x4)
インタフェース
 無線LAN IEEE802.11a/b/g準拠(WPA2対応)
 Bluetooth Ver2.1+ EDR
 USB Ver2.0 車載フレーム搭載電源からUSBハブにより3ポート供給
電源
 内蔵電池 リチウムイオンバッテリーパック 4,800mAh
 フォーク電圧 DC36V ~ DC76V(DC12V以下は別途改造扱い)車載フレーム使用時
 消費電力 30W
環境条件
 動作温湿度 0~40℃ / 10~90%RH(結露なきこと)
耐振動・衝撃 加速度2G(一定)5分間3方向(振動数10~55~10Hz)
保護構造 IP54準拠(ただしコネクタ接続部は除く)
外形寸法 297×214×30mm(耐振動部品装着前)
重量 1.69kg

お問い合わせ

製品検索

修理依頼

生産終了製品一覧