トップ > ソリューション/事例 > ソリューションパッケージ > (NEW!)健康診断データ収集システム「健診ステーション Plus」

ソリューションパッケージ
(NEW!)健康診断データ収集システム「健診ステーション Plus」

対象業界 [医療、福祉]健診センター

健診データ収集を自動化!健診データの転記ミスや入力ミスを防止、受診漏れやデータ修正、2重3重のチェック作業を軽減します。

「健診ステーション」は2007年のリリース以来、全国130件以上の健康診断施設様にご導入いただいている、健診データ収集に特化した専用パッケージ製品です。この度、タブレット端末を採用し、多くのご要望をいただきましたバーコード運用に対応するなど、さらに便利な機能を追加した新製品「健診ステーションPlus」を発表いたしました。
ハンディターミナル採用で出張健診の現場に最適な「健診ステーションポータブル」はこちら
健診ステーション特設サイト公開中 カタログダウンロード
お問い合わせ

このような現場課題をお持ちのお客様に最適です

●紙による受診データ管理で、転記作業や確認作業に時間がかかっている。
●受診データの取り違え、入力ミス、受診漏れなどの人為ミスの発生をふせぎたい。

システム概要図

導入メリット/機能紹介

検査データの記録(自動記録)


 画像をクリックすると拡大されます。

各検査では検査機器と健診ステーションが接続されており、検査データ、検査履歴を自動登録。

検査データの記録(手入力)


 画像をクリックすると拡大されます。

検査機器と接続されていない検査でもタッチパネルによって数値の手入力が可能。

検査データの回収


 画像をクリックすると拡大されます。

検査が終了したら受診カードを回収し、検査データを収集します。
検査漏れがあった場合、未受診項目を表示します。

属性送信機能


 画像をクリックすると拡大されます。

ICカードに登録された受診者の属性情報や計測データを検査機器に送信することができます。

条件設定機能


 画像をクリックすると拡大されます。

事前に条件を設定することで、ある検査を受ける前に、設定した検査を受けていない場合アラートで知らせます。

採番


 画像をクリックすると拡大されます。

通過チェックの他、フィルム番号をICカードに記録。
ICカードをかざすだけでカウントアップ。

検体マッチング機能


 画像をクリックすると拡大されます。

スピッツに貼り付けられたバーコードを読み取り、受診者情報とのひも付けを自動で行い、取り違いや受診漏れを防止します。

進捗管理機能(オプション)


 画像をクリックすると拡大されます。

●健診ステーションと連動し、検査予定、検査中、検査済み、検査中止の状況をモニタリング。
●受診者単位、検査単位、全体の状況の確認が可能。
●検査状況、検査時間をPC画面でリアルタイム確認。

その他関連情報



健診ステーション特設サイト公開中 カタログダウンロード
お問い合わせ