その他/サプライ/オプション製品
ExtremeWireless 無線アクセスポイント AP310e


 画像をクリックすると拡大されます。

AP310eが受け継いだ、WiNG ファームウェアOSを搭載した無線アクセスポイントシリーズ(AP4131-AP5131-AP6532-AP7522etc)は、耐環境性、信頼性が高く、多くの工場・倉庫で採用いただいています。 AP310eは、高信頼性はそのままに、第六世代の最新通信規格 WiFi6(802.11ax)に対応し、さらに多様なエンタープライズ機能を付加した業務用アクセスポイントの最新モデルです。

お問い合わせ

機能・特長紹介

WiFi6に対応

WiFi6 はこれまでのIEEE802.11ac(WiFi5)から約 1.4 倍高速化し、かつ約4倍強のネットワークキャパシティをもつことで複数のクライアントが同時により高速にデータ送信可能になります。

安定した運用を実現

WiNGファームウェアは、AP間で端末情報を共有します。Roaming Assist 機能を搭載し、設定により、一定の距離以上に離れると信号強度の減衰を見てAP側から切断し、スムーズなローミングを促す能力を持ちます。

複数台集中管理が可能

仮想コントローラ機能は、64台まで同一バージョンのファームウェアのAP310eの設定情報を集中管理する事が可能です。

仕様

仕様/型番 AP310e(外部アンテナモデル)
Wi-Fi Alliance 802.11a/b/g/n/ac/ax
インターフェイス IEEE802.3 ギガヒットイーサネット×2、USB3.0×1(Type A, 0.5A)
PoE入力 GE1ポート 802.3af / 802.3at
PoE出力 GE2ポート 802.3af (GE1入力802.3at必要)
動作チャネル 2.4GHz:チャネル1~13
5.2GHz:チャネル36~140
アンテナボード 4ポート(無線LAN用)、1ポート(BLE用)
アンテナ構成 2×2 MIMO
無線ボード ①2.4GHz帯/5GHz帯の同時使用モード
②二つの無線モジュールともに5GHz帯の同時使用モード
③センサー(2.4GHz or 5GHz)とデータ通信(5GHz)の同時使用モード
セキュリティ ステートフルファイアウォール
IPフィルタリング
NAT 802.1x 802.11i WPA3 WPA2 WPA IPSec RADIUSサーバ
寸法 165mm×165mm×45mm
重量 700g(外付けアンテナ除く本体重量)
使用温度 -20℃~+55℃

お問い合わせ

製品検索

修理依頼

生産終了製品一覧