トップ > ニュース > プレスリリース > 健康診断・人間ドック向けクラウドタイプ Web問診入力システムを新発売

ニュース
プレスリリース

2020-08-26

『健康診断・人間ドック向けクラウドタイプ Web問診入力システムを新発売』

各種自動認識システムの企画・開発・製造・販売を行う株式会社マーストーケンソリューション(以下:MTS、所在地:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 春山 安成、URL https://www.mars-tohken.co.jp/ )は、健診市場向けの新クラウドサービス「MA・CU・MO」シリーズの第一弾として、健康診断・人間ドック向けの問診入力システム「どこでも問診」を発売します。

製品概要URL:https://www.mars-tohken.co.jp/files/user/dokodemo/

健康診断や人間ドックを受診する際に、紙の問診票を受診者に記入してもらっていた運用が、受診者が持つ各自のスマホや自宅PCから事前登録できるシステムとなり、各健診機関にとって運用上負担となっていた「記入内容の確認」や、「整合性の確認」、「記入漏れのチェック作業」等が大幅に軽減されます。

問診票に使用していた用紙も削減できる効果も期待できます。

また、クラウド上で稼働するシステムであるため、オンプレミス型と違い各健診機関にてサーバの運用管理をすることなく使えることがメリットとなります。人材確保やプラスαの人件費等、自社でサーバを構築して運用する際の負担を一切考えることなく導入することが可能です。

尚、今回発売されるWeb問診入力システムを含め、今後発売が予定されている「MA・CU・MO」シリーズ一連のアプリケーションが動作するクラウドサーバは、厚労省、経産省、総務省がそれぞれ策定する3省3ガイドラインに準拠した構成となっており、セキュリティー性を担保しております。

現在、健診市場大手の一般財団法人近畿健康管理センター(本部:滋賀県大津市木下町)の他、複数の健診機関と契約を締結しており、この秋から稼働することが決定しています。

今回は「MA・CU・MO」シリーズ第一弾として「どこでも問診」を発売致しますが、第二弾として「Web枠予約」の発売も近日中に発表予定にしています。

特長

「どこでも問診」特長
●スマホ、タブレット、パソコンから問診票に回答
●整合性チェック・入力漏れチェック対応
●前回回答結果反映
●特殊検診対応
●3省3ガイドライン準拠
基本機能概要
●個人認証機能
●スマホ、タブレット、パソコンからの問診項目入力
●問診内容編集
●オーダー取込
●回答結果生成

価格

「どこでも問診」の価格
オープン価格

対応OS・対応ブラウザ

OS
Windows10、Android(9以降)、iOS、macOS
ブラウザ
Google Chrome、Edge、Safari

株式会社マーストーケンソリューション

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-8-5 新宿御苑室町ビル

ヘルスケア営業課 Tel:03-3352-8563

ニュース

プレスリリース

2020年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

メディア掲載記事

展示会情報

お知らせ