トップ > 自動認識トレンド情報 > 応用無限大!新時代固定式コードリーダの活用法

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

『応用無限大!新時代固定式コードリーダの活用法』

Vol.179

生産や物流の自動化にRFIDやバーコードリーダは数多く使われてまいりましたが、機器の進歩とともにさらに複雑な処理ができるようになりました。今月はそんな活用法を紹介します。

極小DPM自動読取装置事例 ~ MCR-F530 ~

 某電気機器メーカー様の製造工程でのレーザーによる極小DPM2Dコードの読み取りの事例です。
 この例では10点の読み取り対象製品を自動読み取り装置にセットして一度に処理を行います。スキャナ自体はX軸Y軸のアクチュエータに取り付けられ、スキャナ(MCR-F530)が移動し、対象製品の上をXY方向に移動して読み取りを実施します。対象物にマーキングされたDPMシンボルは1つではなく複数につけられており、出っ張り部分の部品にもマーキングされています。つまりスキャナからシンボルまでの距離が異なっているものが混在している状態です。
 MCR-F530は、対象シンボルとの距離に合わせた焦点距離や、LED照明設定、シャッター速度など各種設定パラメータのセッティングを16種類保持できるテーブルモード機能を搭載しており、対象シンボルとの距離やマーキング状態に合わせたセッティングに変えながら読み取りをすることで、1台で複数の距離のシンボルを読み取りできます。



読取作業の手間を大幅削減
従来は小さなシンボル1つずつをハンディタイプのスキャナで作業員が読み取りを行っていた作業ですが、自動化したことにより作業者の負荷を大きく軽減できています。

NG画像保存など充実したログ機能
このシステムではNG発生時の読み取り画像を保存するようにしていますので、問題点(DPMの印字品質不良、マーキング位置ずれなど)の解明に役立てることができます。



その他にこんな機能も


読み取りデータ出力順 指定機能
読み取り範囲内のシンボルの領域を複数(最大10)指定して読み取りデータ出力の順番を設定できます。

インライン文字認識OCRによる照合検査&バーコード印字品質検証事例 ~ MVF-500 ~


 某医薬品メーカー様の製品の包装工程での照合検査に、インラインでのバーコードの印字検証機能を追加し、運用の効率化と信頼性向上を実現した事例です。ここでは高度な文字認識、印字品質検査機能を搭載したスキャナ「MVF-500」を使用しています。
 従来バーコードの印字品質チェックや、後から印字した「文字」のOCRによるチェックなどを異なる機器でおこなうことはできていましたが、MVF-500では一台でまとめて行うことができるようになっています。
特に医薬品の分野ではバーコードの一定以上の水準の印字品質の担保はもとより、使用期限の印字にミスがあってはならないものですので、最終的に印字内容をチェックすることは非常に重要です。

照合検査における運用の手間を軽減
文字認識機能により、日付のセットミスによる製造日や使用期限のチェック、トレーサビリティ情報としてロット番号や製造記号などの付加情報の記録が可能となります。印字文字の照合検査は、あらかじめ文字の種類や文字数を設定しておくだけでMVF-500単体で照合検査が可能です。スキャナ内で実現している機能ですので、上位システムや、PLC等で照合のためのアプリケーション開発は不要です。

インラインで印字品質検査が可能
国際規格の印字品質項目でバーコードの品質検査が可能です。(※ISO15415 及びAIM DPM 2006-1 評価項目で検査結果出力)
自社だけでなく納品先を含めたサプライチェーン全体で、安定したバーコードの読み取りが可能となります。

インラインで印字品質検査が可能

充実したログ機能で検査記録の保存・管理が便利
検査時の画像を保存可能。保存条件も「全て保存」「NG時のみ保存」を選択可能。また、検査記録は全てログファイルとして記録しており、トラブル発生時のトレースバックも容易に行えます。

おわりに

 昨今のCPU処理能力の向上によりバーコードリーダに搭載されている機能はますます増え複雑な処理を実行できるようになってきています。それに伴って設定や運用もすこし複雑になってきておりますので、こんなことができたらいいのになと感じたことは是非当社営業マンまでご相談ください。解決のためのお手伝いをさせていただきます。お気軽に当社担当営業までお申し付けください。

技術情報誌 Flags(PDFデータ) 2020年4月号(973.6 KB)

関連製品

製品詳細へ

(NEW!)フォーカス機能付き2次元コード固定式スキャナ(MCR-F530)

『高分解能』から『幅広バーコード』の読み取りまで 様々な読み取り条件をこれ一台で対応可能。

●CC-Link IE Field BASIC 対応!
●ダイレクトマーキングの読み取りに最適
●チューニング時や設置時に自動でフォーカス調整を行います
●各種パラメータをパソコンから簡単に設定するソフトウェアを無償提供
●インテリジェント・テーブルモード搭載で最適な読取り設定を自動で実行
●プログラムレスで接続可能なPLCリンク機能搭載

製品詳細へ

製品詳細へ

OCR・パターンマッチング(NEW!)・印字品質検査機能搭載2次元コード固定式スキャナ(MVF-500 / MVF-500C)

1次元・ 2次元シンボルの読み取り、OCR 、パターンマッチング 検査が同時に可能!安定した運用をするためのバーコードの“印字品質検査”までも一台のスキャナで可能となりました。

●最新の高性能センサー搭載
●OCR(文字認識)機能
●パターンマッチング(形状認識)【NEW!】
●印字品質検査機能 ※ISO15415及びAIM DPM 2006-1評価項目で検査結果出力
●PLCプログラムレス接続
●簡単設定&メンテナンス
●ダイレクトマーキング対応
●各種パラメータをパソコンから 簡単に設定する付属ソフトウェア
●Cマウントレンズタイプ(MVF-500C)をご用意(NEW!)

製品詳細へ