トップ > 自動認識トレンド情報 > エレクトロテストジャパン出展報告

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

『エレクトロテストジャパン出展報告』

Vol.153

 今年のエレクトロテストジャパンは、11分野の専門展示会と同時開催となり、東京ビックサイトの全館に加え増設ホールまで使ってのビックイベントになりました。 会場では、ロボット、オートモーティブ、ウェアラブルとAI、IoTに関連する展示会もあり、広大なだけでなく来場者の多さで通路まで人が溢れるほどの大盛況でした。
 今回は、展示会レポートのお知らせと当社が出展したナノテクノロジーの世界を支える新型非破壊X線検査装置の反響についてご紹介いたします。

ネプコンジャパン2018

 今年もアジア最大級のエレクトロニクス製造・実装技術展「ネプコンジャパン2018」が、東京ビックサイトの東展示棟1から8ホールの全館を使用して1月17日からの3日間で開催されました。ネプコンジャパンは、「インターネプコンジャパン」、「エレクトロテストジャパン」、「半導体・センサパッケージング技術展」、「電子部品・材料EXPO」、「プリント配線板EXPO」、「微細加工EXPO」、「LED・半導体レーザー技術展」の7つの展示会で構成されています。エレクトロニクス機器の多機能化・高性能化を支える、国内外の最先端技術が一堂に会するビッグイベントです。出展各社が最新の製造技術・実装技術を持ち寄り、電子機器、半導体・電子部品、自動車・電装品メーカー等々の商談の場として、各社のマーケット拡大の機会として、年々拡張され見過ごせない場所になっています。主催者側の発表では、3日間を通じての来場者数が述べ11万4千人を超えたとのことでした。
 今年はさらに、近未来の社会を牽引すると世界中で注目されている「AIロボット」、「スマート工場」、「オートモーティブ」、「ウェアラブル」と4分野の展示会が西ホール全館を使用して同時開催に加わり、東京国際展示場は開催初日から最終日まで来場者が溢れかえるほどの大盛況となりました。
 展示会全体を観察してみて、やはり興味深い光景としては、AIロボットや自動運転システム、VR運転システム、最新のEVカー等のデモンストレーションが始まると通路を横切る事も出来ないくらいの人だかりとなることです。
 また、会場を訪れている来場者を見てみると、例年に比べて外国人の方が非常に多く目立ち、世界最先端のエレクトロニクス・テクノロジーが集結した展示会だと言う事を改めて感じることができました。後日、ロボテックス展では中国からの引き合いが好調であったとのニュースが出ておりました。

当社の最新型X線検査装置

 当社は例年、エレクトロニクス検査・試験・測定・分析技術展「エレクトロテストジャパン」へ出展しており、今年は「性能」、「操作性」、「デザイン性」を刷新した非破壊X線検査装置、TUX-3300N、世界初!FE線源搭載機TUX-5300(参考出展)など新製品を出展し、多くのご来場者様にご好評を頂くことができました。また、お客様各位が抱える数々の問題点やご相談などを伺う事でき、課題解決に向けたご案内をすることができました。
ご来場の皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。
1082_ext_11_0.jpg
 今回は参考出展となりましたが、TUX-5300は世界最高峰の『0.1μm』と言う圧倒的な高分解能を実現しながら、世界で初めて実用化に成功したフィールドエミッション線源により非常に鮮明な高輝度画像でターゲットを観察する事を可能にしています。
 今回の会場に於いても、各社それぞれ非破壊X線検査装置を数多く出展されておりましたが、0.1μmに達するものなどなく、0.4μmの撮像画像といえども当社ほどはっきりと見える装置は見渡せませんでした。
 さらに、今までは全て手動でセットして検査するのが当たり前だったX線顕微装置でも、インラインでの検査が実現できる様になり、インライン検査を可能とするローダー装置オプションも当展示会で発表させて頂きました。
 その他にも「X線CT」、400℃までの温度変化をリアルタイムに観察できる「加熱装置オプション」など進化するエレクトロニクスの設計、解析、品質管理の向上に貢献できる製品の数々をご紹介させていただきました。

●第35回エレクトロテストジャパン出展報告

 当社が1991年から世界最高分解能0.1μmのX線源自社開発を目指すとしてX線事業を立ち上げてから、ようやく世の中のニーズが高密度・高分解能の最先端技術を求める時代になってきたと感じます。今までの研究成果がお客様の求めに十分マッチする様になり、筆者も自社製品の技術の高さに思わず、感激をしてしまいました。
 当社X線事業部では、製品販売の他にも、スポットで世界最高峰の分解能を誇る非破壊X線検査装置での『受託検査』も承っておりますので、お気軽に当社営業担当までお声掛けください。

●X線検査装置事業サイトはこちら

技術情報誌 Flags(PDFデータ) icon_pdf_big.gif2018年2月号(564.46 KB)