トップ > 自動認識トレンド情報 > 自動認識総合展&国際物流総合展のみどころ

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

『自動認識総合展&国際物流総合展のみどころ』

Vol.136

今年も自動認識技術の祭典の時期がやってまいりました。今年は2年に一度のアジア最大級のロジスティクス展である「国際物流総合展」との同時開催です。共通点の多い両展示会を合わせると東京ビックサイトの東館を全館使用しての開催となりますので、ご来場の際には、予め、興味のあるカテゴリーやソリューションを決められておくと効率よく新情報をご見学いただけます。
 自動認識技術の視点で、両展示会の見どころをご紹介させていただきます。
第18回自動認識総合展出展報告
国際物流総合展2016出展報告

自動認識総合展

 9月14日(水)から3日間、東京ビッグサイト東4ホールで開催されます。
 今年のキャッチコピーは「IoT時代のKeyテクノロジー」です。世界中で近未来のキーワードとして「IoT(Internet of Things)」が注目されておりますが、自動認識技術はまさしく「モノ」と「情報(インターネット)」を結びつけるためのKeyテクノロジーであると言えます。
 以前からバーコードやRFID技術は、モノや人に割り当てられた素性情報を自動化して入手し、ネットワークを介して、様々なソリューションを産み出すテクノロジーとして活用されてきました。
 現場レベルのネットワークに限られていた情報の入手範囲は、専用回線で全国を結ぶネットワークへと広がり、ついに昨今では、全世界を結ぶインターネットの活用へと、進化を続けております。
 IoTへの注目により、多種多様なサービスやソリューションが次々に誕生し、自動認識技術のさらなる発展が、益々期待される時代へと突入してきました。
 自動認識業界では、毎年この展示会をターゲットにして、新製品の発表が企業目標となっており、今年も出展各社からは、新製品の発表が目白押しとなる見込みですので、是非、ご期待ください。
 出展各社の出展予定情報をみると、UHF帯&NFC関連のRFIDの出展が非常に目立っており、RFIDの利用価値に再び注目していることが、良く判ります。
 新しいジャンルで目に留まるのは、コンパクトタイプのワイヤレス2次元コードスキャナで、今年の主役となりそうです。
 IoTの波に後押しされるように、インターネットに容易に接続が可能なタブレットやiPhoneに接続して使用するソリューションが、流通や巡回サービスの業界を中心に拡大しているようです。
 その他には、文字認識や音声認識の出展も増えてきており、一昔前の“誤認識だらけ”と言われた時代からは飛躍的な技術進化を遂げ、製造・物流現場での導入事例が紹介されています。

国際物流総合展

 国際物流総合展は一日早く、9月13日(火)から4日間で開催されます。
 物流展のコンセプトは「物流展で見つけよう~課題解決のネクストステップ~」を掲げており、ご来場いただいたお客様には、展示品の見学だけではなく、お客様が実際に抱えている課題解決のヒントをお持ち帰りいただこうという主旨となっております。
 当社は、物流センターにおける“一括検品”やソーターラインでの“自動仕分け”の効率化を実現するUHF帯RFIDを活用したソリューションを実演展示いたします。
 また、物流現場の主役となるフォークリフトの稼働率をより向上させるために、フォークリフトのリーチ部分に装着が可能なUHF帯リーダライタや、据え付けから安定稼働までサポートする、当社ならではのフォークリフト端末のトータルサービスなどを、展示しておりますので是非お立ち寄りください。

Newコンセプトのインテリジェント・データコレクタ発表

 ハンディでもない、データコレクタでもない、新コンセプトのモバイルスキャナを両展示会場で発表いたします。
IoT時代のニーズに先駆け、Bluetoothで容易にさまざまな端末に接続でき、手のひらサイズのコンパクト設計でありながら、ハンディターミナルを凌ぐハイスペックCPUとユーザメモリを搭載し、ユーザプログラミングが可能なインテリジェントモデルです。
 落下、ホコリ、水滴、静電気など、運輸・物流現場や流通のバックヤードなどの過酷な使用条件にも十分対応可能な堅牢設計となっております。

× ハンディターミナルでは高価過ぎる。
× データコレクタでは画面もキーも無い。
 
機器選定時に、こんなお悩みがございませんか?

詳細はこちらからご覧ください。
>> 2次元コードスキャナ搭載インテリジェントデータコレクタ MID-100製品紹介はこちら

技術情報誌 Flags(PDFデータ) 2016年9月号(498.26 KB)

関連製品

製品詳細へ

(NEW!) 2次元コードスキャナ搭載インテリジェントデータコレクタ MID-100

MID-100は手のひらサイズでプログラミング可能なBluetoothポケットターミナルです。

コンパクトなボディに同クラスでは最高水準の処理能力(CPU:1GHz、メモリ:2GB)と最先端のバーコード読み取りアルゴリズムを搭載。 LinuxOSを搭載し、幅広い業務アプリケーションに適応が可能。 オペレータの操作ストレス軽減を徹底的に追求したデザインは、最小限の負担で長時間の運用を可能にします。

●ハンディターミナルを凌駕するスペック CPU:1GHz / メモリ:2GB
●Bluetoothでスマホ・タブレットと容易に連携
●1台のPCに7台同時接続可能。ローコストなシステム構築を実現します。
●LinuxOS搭載。ユーザーアプリ開発可能
●買ってすぐに業務に使える便利アプリ(バーコード照合/実績収集)が標準搭載 ●(NEW!)「マスタ照合」アプリ(※オプション)をご用意

製品詳細へ