トップ > 自動認識トレンド情報 > 現場の声で進化した作業実績収集システム『WMステーション for NFC』のご紹介(後編)

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

現場の声で進化した作業実績収集システム
『『WMステーション for NFC』のご紹介(後編)』

Vol.100

前号では、実績収集作業において手作業で起きる問題点を解決するために、現場のニーズから生まれた当社の新型『WM ステーション for NFC』のご案内をいたしました。  今号は、WM ステーション導入による具体的成果と簡単オペレーションについてお知らせいたします。
>>「WMステーション for NFC」紹介はこちら

具体的な導入効果

高度情報化時代の盲点をつくかのように、製造現場における手作業での作業工数実績収集は次の様な大きな問題を抱えていました。

(1) 日報記入に時間がかかる
(2) 実績の記録が大ざっぱ
(3) 現場の進捗がすぐにはわからない
(4) 集計作業に時間がかかる

 この様な問題を抱えた現場に実績収集システム『WM ステーション for NFC』を導入した場合の効果を検証します。

1)日報提出の時間短縮


 全ての従業員が作業毎に従事した時間や出来高を日報に記入して、作業終了後に記入内容を見直し、日報を提出して業務が終了します。当り前のルーチンですが、日報の手書き、確認の作業に10 分/ 1 人の時間を費やしていると、年間40 時間となります。
 ある物流センター様では、約160万円の人件費削減効果が出ており、一年以内で導入費用の回収ができています。



2)管理者工数管理作業負担90% 軽減

入力された実績はリアルタイムに集計されるため、業務終了後に残業で対応する全従業員の作業工数の集計作業や、既存システムへの実績入力など、管理者による工数管理の作業負担が実に90% 近く軽減されております。


3)ヒューマンリソースの有効利用

正確かつリアルタイムに作業実績が収集できるようになったため、作業の集計を待たなくても「どの作業が」「どこで」「どれくらい」進捗しているのかが、いつでも確認できます。作業進捗を見ながらボトルネックとなっている作業へ人員を手配するなど、リソースの有効利用ができるようになり、生産性も向上します。

4)『現場の見える化』が実現

興味深い効果なのが“ 従業員の時間に対する意識向上” です。
 作業実績収集システムを導入する事により『現場の見える化』が実現して誰でも作業進捗を見られるようにしてしばらく運用していると、作業開始/終了を正確に打刻する意識や、作業に対する時間の意識が向上し、作業の切り替わり、休憩時間、アイドル時間など、より正確に収集する風土が生まれるという相乗効果がありました。

現場の声で進化したシステム


 画像をクリックすると拡大されます。

 今回、当社がリリースした『WM ステーション for NFC』は、貴重な現場の声を反映した作業実績収集システムとなっており、操作性や機能を進化させています。

◎作業者のオペレーション

WM ステーションは、IC カード作業員証(以下IC カード)とタッチパネル端末でカンタン確実に作業実績が収集できるシステムです。作業者のオペレーションは徹底的に簡素化しており、タッチパネル端末で作業(工程)を選択して、IC カードを端末にかざすと作業の開始が記録されます。
 作業完了時には、作業終了を選択してIC カードをかざすだけで完了が記録されます。もし、前の作業を終了せずに次の作業を開始しようとした場合には、前の作業の完了を自動的に記録して、新たな作業の開始を記録します。
 もちろん作業者にわかりやすくメッセージとブザー音でお知らせするので、操作をキャンセルする事も可能です。
 工数管理だけでなく、出来高管理が必要な現場には、システム設定の変更で作業終了時に完成数を同時に登録する事が可能です。


◎管理者のオペレーション

現場の作業実績は管理PC に自動的に蓄積されているので、管理PC に用意されている進捗確認画面や実績集計画面でリアルタイムに現場の状況が確認できます。
 作業日報、作業集計リストの印刷機能が標準で用意されているので、より細かなチェックや傾向分析などで活用いただけます。
 また、データ出力機能で出力項目が選択可能なので上位システムとの連携が容易で、既存の生産管理システムや勘定系システムに対して、正確かつリアルタイムな戦略情報を安価で提供することが可能となります。
 もちろん、MS-Excel やMS-Accessなどを活用し、独自の集計リストや分析リストの作成も可能です。

注目のNFC に一早く対応


 画像をクリックすると拡大されます。

 『WM ステーション for NFC』は注目のNFC(Near Field Communication)非接触近接通信の国際規格を採用し、利用者に対して活用の拡張性を高めています。
 従業員が所有するおサイフケータイやSuica などをIC カード作業員証として登録することも可能です。
 『WM ステーション for NFC』は、カスタマイズ対応が可能なパッケージとなっておりますので、導入後に“ 収集する項目を追加したい”、“ 他の業務へも展開したい” などのご要望にもお応えできます。

 当社マーストーケンソリューションは、常にお客様にお役立ちいただくための製品開発を推進しております。
 自動認識システムについてのご相談、ご用命はぜひ当社営業担当へお気軽にお問い合わせください。

技術情報誌 Flags(PDFデータ) 2013年9月号()