トップ > 自動認識トレンド情報 > ICカードを利用したソリューション事例

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

『ICカードを利用したソリューション事例』

Vol.94

ICカードは、既に日常生活でも欠かせないアイテムとなっておりますが、“NFC”という国際標準規格が承認された事によりICカードソリューションが再び世界中で注目を集めています。 今号では一般的なICカードの基礎情報と産業で利用されているICカードソリューションを紹介します。

IC カードとは


 画像をクリックすると拡大されます。

ICカードは、主に13.56MHzの電波帯で、電池を内蔵する必要がない“パッシブタグ”と言われるデータ通信技術を利用したRFIDの一種であります。
ICカードは、読み取り機(リーダライタ)からの電波をエネルギー源として動作するので、半永久的に利用できるのが魅力であり、バーコードとの大きな違いは一度書き込んだデータの書き換えが可能で、読み取り対象が隠れていても読み取りが行える事です。また、セキュリティ機能でデータの読み書きを制限できるタイプもあります。

最近注目のNFCとは


 画像をクリックすると拡大されます。

「NFC」(Near Field Communication)と「新UHF帯電波対応」が近年RFID関連で注目を集めているキーワードです。
新UHF帯は、昨年ソフトバンクの“プラチナバンド”で、早い!つながる!のCMで話題になりましたが、その裏には経済産業省のUHF帯域の用途別周波数の移行計画があり、昨年の新UHF帯の施行(※)により“長距離読み取り”、“一括読み取り”を必要としていたソリューションが活発化しました。
NFCは近距離通信という名前が示すとおり、通信距離は約10cm程度に限定された13.56MHzの周波数帯を利用し、最も特徴的な機能は「かざす」だけで、誰でも簡単にデータ通信が可能になることです。
身近なところでは、ICラベルが貼られたポスターなどにNFCが搭載された携帯端末やスマホなどを「かざす」だけで、そのポスターの情報(クーポン・地図・キャンペーン案内など)が簡単に取得できたり、NFC搭載の携帯端末自体をICカードの代わりとして利用できる機能などがあります。
SuicaやEdyで普及しているFeliCaや、世界中に普及しているMifareなど、異なるICカード規格の読み取りを可能にし、さらにはNFCの通信規格を搭載している機器同士が双方向に通信可能なため、幅広い活用が期待される注目の技術です。

※詳しくはFlagsバックナンバーVol.93を参照ください。

ICカードソリューションの紹介 1.作業実績管理での活用事例


 画像をクリックすると拡大されます。

作業現場では、作業の実施記録を指示書や日報などに実績を記入して、業務終了時に実績票を回収して上位システムに再入力している現場が多くあります。
このような人による記録方法では、水面下で様々な問題が発生している事に気づかず運営されています。<左図 参照>
こうした現場にIC カードソリューションを導入すると、作業指示ICカードと作業員ICカードを読取機器にかざすだけで、作業の開始や終了が簡単・正確・リアルタイムに実績データが記録され管理が向上します。
作業員によって実績が記録された時点で、進捗管理用PCに工程や作業名称、作業開始時刻などのデータがリアルタイムに表示され、「どの指示書の製品が、どの工程・作業にあって、誰がどれくらいの時間作業しているか」も一目瞭然となり“現場の見える化”が実現できます。

>>作業実績収集システム「WMステーション」紹介

ICカードソリューションの紹介 2.健康診断での活用事例


 画像をクリックすると拡大されます。

事業者が労働者に毎年一回以上受診させることが法律で義務付けられている定期健康診断の現場では、受診者には記録用紙が配布されて、各検査を終了する度に記録用紙に検査数値を手書きで記入して、最後に回収された記録用紙は事務所に戻ってシステムへの入力作業があり、その後、データの読み合わせを行い入力ミスのダブルチェックまで行っているのが従来の方法です。
こうした現場では一度に大人数の受診者を、限られた時間内で終了させなければならず、現場の状況を見ながら効率よく各検査へ誘導する事は、ある意味、製造現場のスケジューリングよりも難度が高いかもしれません。
前述の手書き検査記録の方法に変えて、ICカードを健診・人間ドックの受診者に持たせ、各検査の数値をその都度カードに格納し、検査終了後に自動で収集する健診システムを導入すると、転記ミスや受診漏れがなくなり、作業後のデータ再入力や、人海戦術に頼ったデータチェックを解消します。また、リアルタイムに進捗状況が把握できるため、より効率的な誘導が可能となります。

>>健康診断支援システム「健診ステーション」紹介

その他、「児童安否確認システム」「預かり保育時間管理システム」「入退場セキュリティシステム」などジャンルを問わず、様々な分野でICカードを活用した応用システムが展開されています。
IC カードソリューションに関しましては、当社営業担当までお気軽にお問い合わせください。

技術情報誌 Flags(PDFデータ) 2013年3月号(704.23 KB)

関連製品

製品詳細へ

非接触ICカードマルチ端末 [MTR-220/225] 

CPU にIntel Atom プロセッサを採用して処理能力、グラフィック性能を向上。従来機MTR-200で好評の7インチWVGA タッチパネルや、有線LAN、 USB、シリアル、GPIO 等豊富な外部インターフェースをそのままに、より幅広い用途でお使いいただけるようになりました。

製品詳細へ

製品詳細へ

非接触ICカードマルチ端末  [MTR-200]

タッチパネル付液晶及び非接触ICリーダライタ装備のプログラマブル多機能端末。7インチWVGAを採用しネットワーク、USB、シリアル、GPIO等豊富な外部インターフェースを装備。

※「MTR-200」におきましては、主要部品の製造中止に伴い、製造を終了することになりました。詳細はこちらをご覧下さい。>>MTR-200製造終了のお知らせ(PDFファイル)

>>類似機種 MTR-220のご紹介はこちら
>>類似機種 MTR-230Nのご紹介はこちら

製品詳細へ