トップ > 自動認識トレンド情報 > 2010年今年の自動認識の展望

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

『2010年今年の自動認識の展望』

Vol.57

新年あけましておめでとうございます。 一昨年秋に米国発のリーマンショック以降100年に一度といわれる世界規模の大不況に見舞われ、クライスラー、GMをはじめとする不滅と思われていた世界中の巨大企業までもが倒産の危機に追い込まれ、輸出大国である日本の産業界も例に漏れず大打撃を受け、私たちの生活にも大きな傷跡を残す結果となりました。 今月号は昨年を振り返ると共に、今年の自動認識業界の行方を予想します。

2009年を振り返って

2009年の1年を表す漢字は『新』。2009年は黒人として初めて、アメリカ合衆国オバマ新大統領就任、先の衆議院選挙で自民党が大敗し戦後初めての政権交代による民主党中心の新政権発足などのほか、イチロー選手の新記録・9年連続200本安打、石川遼選手の史上最年少賞金王達成、新型インフルエンザの流行などといった世相を反映しました。
2009年の主な出来事を一覧にまとめましたので皆さんの主な出来事と思い比べてみてください。

2010年経済・産業の動向は

358_ext_08_1_S.gif
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

2010年も国内ではデフレの悪化で企業収益が圧迫され、止まらぬ円高が輸出大国ニッポンの景気回復への壁となって立ちはだかり、昨年に続き厳しい年となりそうですが、わずかながら世界経済に明るい兆しが見え始めてきています。各国政府が打ち出した緊急景気対策を発火点とし、生産を中心とした主な経済指標が年末から改善傾向にあるからです。
帝国データバンクの1万742社の企業アンケートによると、「2010年の国内経済を活性化させると期待する分野は?」との問いに対し“環境・エネルギー”との回答が約80%を占めており、“介護福祉”、“医療”、と続き、“ものづくり”や“小売”への期待は低い結果となりました。
また、「国内経済復活の鍵は?」との質問でも“環境・エコ”と答えが70%を超え、“中国・アジア”、“安心・安全”という結果が出ています。
2010年は世界プロジェクトであるCOP15をはじめとして“環境”、“エネルギー”、“エコ”が日本経済・産業を牽引すると考えられます。

注目の環境・エネルギー・エコ産業

自動車産業ではやはりハイブリッドカー、EVカーの燃料電池。設備産業では太陽電池、LED。液晶では昨年末からシャープの堺工場で世界初となる第10世代(2880mm×3130mm)の大型マザーガラスでの製造が始まりました。
さらにすべての電子部品の元となる半導体業界でも1枚あたりから取れるチップ数を倍以上効率化すると共に、半導体製造に必要とされるエネルギーや水、その他の資源を全般的に削減するために、2012年の導入開始に向け大口径の450mmウエハーへの対応準備が2010年から本格化します。

2010年の自動認識

358_ext_08_3_S.gif
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

環境・エネルギー・エコに関連する産業は新しい技術要素や設備投資が必要で、国家プロジェクトの助成も追い風となり、製造業の景気牽引となることは間違いありません。
新しい技術要素は高度な技術が用いられており、より一層の品質管理とトレーサビリティが必要となります。
2009年に大幅に落ち込んだ設備投資や製造装置の出荷増により自動認識の需要は確実に回復すると見込んでおります。
また、RFID市場はバーコード、2次元コードからの切り替えや延長線上のシステムとして比較される事が多く、費用効果の問題から結局RFIDの採用は見送られてきたが、最近になりやっとRFIDならではの特徴を生かした運用や効果が認知され始めたため、2010年以降はトレンドとしてではなく、RFIDの必要性から導入が拡大されると思われます。
入力データの精度と鮮度が全ての運用や戦略を左右すると言っても過言ではありません。私たちMTS(マーストーケンソリューション)はあらゆる業種、運用に対する自動認識機器とソリューションを用意して、お客様の『効率・改善・見える化』に貢献いたします。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

1月 株券電子化スタート 6月 改正薬事法施行。大衆薬の大半がスーパー、コンビニ等で24時間販売可となる。
オバマアメリカ合衆国新大統領就任(10月ノーベル平和賞受賞) 国内98番目の空港となる静岡空港(静岡県島田市、牧之原市)が開港
運転免許証からICチップが内蔵されたICカード免許証となる。 キング・オブ・ポップス「マイケル・ジャクソン氏」死去
2月 事故米不正転売事件』で三笠フーズ社長ら5名を逮捕 7月 セブン-イレブンが弁当値引き制限で「不公正な取引方法」で排除措置命令
ローマでの意識もうろう状態会見問題で、中川昭一氏が財務大臣職を辞任(10月死去) 完全失業率過去最悪5.7%を記録
米国81回アカデミー賞で日本映画2作品が受賞 8月 裁判員制度による初の裁判が始まる。(裁判員裁判)
3月 定額給付金支給スタート 新型インフルエンザによる死者が国内で初めて確認される。
日経平均株価の終値が7054円98銭。バブル崩壊後の最安値を更新 第45回衆議院議員総選挙。自民党結党以来の大敗を記した。
侍ジャパン、ワールドベースボールクラッシク(WBC)連覇 9月 鳩山由紀夫民主党党首が第93代内閣総理大臣に就任
高速「1000円」スタート 10月 年夏季オリンピック開催都市にリオデジャネイロが選出
4月 北朝鮮が日本・東北地方の太平洋上に向けてミサイル発射実験を実施 11月 太陽光発電の余剰電力を電力会社が10年間買い取る制度が開始
2008年度貿易収支が7253億円の赤字。第2次石油危機以来28年ぶりに赤字 政府の行政刷新会議が「事業仕分け」の前半を開始
IMFが日本の実質GDPマイナス6.2%とする今年の経済見通しを発表 日本政府による公式なデフレ宣言
「経済危機対策」2009年度補正予算案総額13兆9256億円 東京外国為替市場にて14年4カ月ぶりに一時、84円80銭まで円高進行。(ドバイショック影響)
WHOが豚インフルエンザ事案の警戒レベルをフェーズ4に引き上げ 国内自動車生産14ヶ月ぶりにプラスに転じる
米自動車大手GM 経営破たん(6月にはクライスラー社経営破たん) 12月 石川遼選手の史上最年少賞金王達成
5月 エコポイント・エコカー補助開始 2010 FIFAワールドカップ本大会。日本はグループEに入る。
西松建設による政治献金疑惑で、小沢一郎民主党代表を辞職。新代表に鳩山由紀夫氏就任 デンマーク・コペンハーゲンでCOP15が開催
技術情報誌 Flags(PDFデータ) icon_pdf_big.gif2010年1月号(1.45 MB)