トップ > 自動認識トレンド情報 > ダイレクトマーキング 用途拡大中(後編)

自動認識トレンド情報
技術情報誌 Flags

技術情報誌 Flags 自動認識の世界をより身近に
MONTHLY MARS TOHKEN SOLUTION NEWSLETTER

『ダイレクトマーキング 用途拡大中(後編)』

Vol.29

前編ではダイレクトマーキングの基本情報 ―― ダイレクトマーキングの必要性や印字の方法などについてお話ししました。 後編の今回はもう少しだけ視野を広げて、生産管理などでダイレクトマーキングが欠かせない理由や、トレーサビリティにダイレクトマーキングが果たす役割、 重要性について解説します。

精算実績管理、履歴管理から品質管理へ

537_ext_08_0_S.jpg
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

2次元コードのダイレクトマーキングを行ういちばんの目的は、生産実績の収集と工程管理です。 基板やガラス、部品にダイレクトマーキングされた2次元シンボルを各工程で読み取ることによって、生産実績は自動的に収集され、工程管理に必要なデータが揃います。

また生産実績データが保存されていくので、問題が起こった場合にも「いつどこで製造されたものか?」といった情報を元に速やかな対応が可能になり、 万が一の危機管理への対応が可能になります。

製品クレームが発生して混乱を経験したあとや、製造品が人体の生命に関わるような場合には、危機管理という利点に対して付加価値を見いだしやすく、 導入することにも抵抗感が極めて低くなりますが、幸いにもまだ大きな問題に見舞われていない場合の多くでは、導入に係るコスト増が敬遠され、 導入のハードルとなっているケースもあります。

また現実として、システムの導入・運用にかかるコストを吸収できるような製品でないと、なかなか導入できないという状況もあります。

その一方、かつては日本製品のお家芸であり国際的に高い競争力を得る原動力となった「品質」が、現在の製造業では低下しつつあり、深刻な問題になっています。 そのため、少し前までには導入コストを吸収しづらい低価格の製品にもダイレクトマーキングによる品質管理を行う例が少しずつ出てきました。 ダイレクトマーキングの特徴である省スペースを利用することで、特に小型の電子・電気製品の製造現場などで普及してきています。

このような現場では、工程ごとに2次元コードを読み取り、製造レシピや工程管理表と照合することによって投入ミスを防いだり、 2つの部品を組み合わせる際に、両方のコードを読んで紐付けすることによって、より細かな実績管理を収集しています。 結果として万が一のトラブルに対しても素早く適切な対応を取れるようにもなることが導入の決め手になっているのかもしれません。

問題を出さないことは何より重要ですが、それでもダイレクトマーキングが普及し始めたのは、万が一問題が出てしまったときにどのように対処し、 再発を防止するのか?ということに対する世間の目がシビアになっていることも要因の一つかもしれません。


ダイレクトマーキング利用した製造トレーサビリティ

 

トレーサビリティ(履歴管理/生産実績収集)だけじゃもったいない?

先ほどお話ししたとおり、ダイレクトマーキングを利用したトレーサビリティのいちばんの目的が履歴管理や生産管理である一方、 時としてこれら管理は「コスト」として見られることが多く、導入に踏み切れないケースが多々あることをお話しました。

製造者として必要な情報を効率的に取得し、その情報を有効に活用するというのは重要なことですが、その行為自体をコストとみなされないために、 このようなシステムを導入している企業は、コストをプロフィットに換えるための「付加価値」をシステムに追加しています。

例えば、2次元コードを読み取る行為が実績収集のほか、次の作業への段取り替えのトリガーとなったり、収集された実績と部品/部材発注のシステムを組み合わせたり、 次の製造レシピや指示につなげたりしています。

このように実績管理や履歴管理という、製造業としては本質の部分に「付加価値」を加えることによって、直接的な導入効果を得ることができます。

目に見えにくい効果に対する投資には二の足を踏む傾向があるかもしれませんが、このように目に見える効果を組み合わせることによってトレーサビリティシステムの 導入が実現するのです。

技術情報誌 Flags(PDFデータ) icon_pdf_big.gif2007年09月号(1.02 MB)

関連製品

製品詳細へ

マルチアプリケーション 2次元コードハンディスキャナ (THIR-6780/THIR-6781)

デュアル照明でラベルから基板DPMまで読取り可能

2パターンの照明を搭載することにより、汎用スキャナでありながら、ラベルからダイレクトマーキングの読み取りまで幅広い読取りシーンに対応可能。また、様々な機能の切換えをスキャナ背面の「機能ボタン」のみで切換えが可能です。

製品詳細へ

製品詳細へ

(NEW!)フォーカス機能付き2次元コード固定式スキャナ(MCR-F530)

『高分解能』から『幅広バーコード』の読み取りまで 様々な読み取り条件をこれ一台で対応可能。

●ダイレクトマーキングの読み取りに最適
●液体レンズ搭載でさまざまな距離の読み取りに対応
●各種パラメータをパソコンから簡単に設定するソフトウェアを無償提供
●インテリジェント・テーブルモード搭載で最適な読取り設定を自動で実行
●プログラムレスで接続可能なPLCリンク機能搭載

製品詳細へ

製品詳細へ

OCR・パターンマッチング(NEW!)・印字品質検査機能搭載2次元コード固定式スキャナ(MVF-500 / MVF-500C)

1次元・ 2次元シンボルの読み取り、OCR 、パターンマッチング 検査が同時に可能!安定した運用をするためのバーコードの“印字品質検査”までも一台のスキャナで可能となりました。

●最新の高性能センサー搭載
●OCR(文字認識)機能
●パターンマッチング(形状認識)【NEW!】
●印字品質検査機能 ※ISO15415及びAIM DPM 2006-1評価項目で検査結果出力
●PLCプログラムレス接続
●簡単設定&メンテナンス
●ダイレクトマーキング対応
●各種パラメータをパソコンから 簡単に設定する付属ソフトウェア
●Cマウントレンズタイプ(MVF-500C)をご用意(NEW!)

製品詳細へ

製品詳細へ

照明一体型2次元コード固定式スキャナ(MVF-300 / MVF-300SR / MVF-300LR / MVF-300LR2)

読み取りが困難だったダメージシンボルに対する読み取り性能を一新しました。 新設計の照明により安定した読み取りを実現します。

●ダイレクトマーキング対応。新アルゴリズムによる画像処理でダメージシンボルも安定読み取り
●クリアな読み取りを実現する照明機能。幅広い読み取りシーンに対応可能
●自動化ラインの安定稼働をサポート! 印字品質情報の出力機能
●オールインワン・省スペース設計
●業界最高クラスの高い環境性能!IP65
●PLCリンク機能搭載!
●現場の配線軽減を考慮したPOE標準採用!

製品詳細へ