トップ > 技術ガイド > ・GS1 DataBar(省スペースシンボル)

技術トレンド情報
技術ガイド バーコード/2次元シンボル

・GS1 DataBar(省スペースシンボル)

2次元コード・バーコード関連用語

・GS1 DataBarは、1999年にUCC/EANが、スペースが足りず共通商品シンボル(JAN)が印字できない課題を解決するために開発した省スペースシンボルです。
・GS1 DataBarは、13桁の共通商品シンボル(JAN)の前にパッケージインジケータ1桁を付加したもので、14桁の商品コードは、GTIN(Global Trade Item number)と呼ばれ、今後、共通商品シンボルと同様に世界標準の商品データベースとしての使用が検討されています。
・GS1 DataBarは、様々な用途に対応するためにRSS-14/トランケート/スタックド/オムニダイレクションとバリエーションが用意されています。

○キャラクタセット:数字(0~9)
○チェックデジット: モジュラス79