トップ > 技術ガイド > 2次元シンボルとは

技術トレンド情報
技術ガイド バーコード/2次元シンボル

2次元シンボルとは

2次元コード・バーコード関連用語

2次元シンボルが開発されてきた背景には「小さくしたい」「情報を増やしたい」「バイナリ情報もコード化したい」「汚れても確実に読みたい」等のニーズから生まれたものです。
1980 年代後半頃からバーコードを積み上げたスタック型の2次元シンボルとしてCode49,Code16,PDF417 等が開発され、1990 年代に入り、マトリックス型のVeriCode,DataMatrix,MaxiCode,QRCode,AztecCode 等が開発されました。
現在ではパブリックドメイン化された多くの2次元シンボルはISS(International Symbology Specification)及びANS(I 米国規格協会)になっています。ISO(国際標準化機構)でもSC31 部会で2次元シンボル規格の認定作業を進めています。 2次元シンボルはバーコードの不足部分をカバーするだけではなく、新しい分野の利用拡大が行われ、本格的普及期に入るとともにコンピュータシステムの入力ツールとして役割がより拡大しています。

2次元シンボルの特徴


1.大容量のデータを入れることができます

バーコードと比較すると、同じ面積で約100倍のデータが入り、面積次第で英数字なら4000字以上、漢字でも1500字以上のデータが一つのコードで表せます。


2.面積を非常に小さくすることができます

同じデータサイズならバーコードの100分の1のスペースにできます。またCO2、YAG等のレーザーマーカーやドットピンマーカーで、プリント基板や金属製品への直接印字も可能です。


3.悪条件に強いという特徴があります

バーコードと違って、コードの一部が汚れたり消えたりしても、2次元シンボルならデータを修復して読取が可能です。


4.360度、どの方向からでも読み取れます

バーコードの読み取りが一方向だったのに比べ、2次元シンボルはカメラで読み取るため、360度どの方向からでも読取が可能です。

2次元コード関連製品


製品紹介:2次元コードリーダハンディタイプ
製品紹介:2次元コードリーダハンディターミナル
製品紹介:2次元コードリーダ固定式