トップ > 技術ガイド > HF(短波帯)RFIDとは

技術トレンド情報
技術ガイド RFID

HF(短波帯)RFIDとは

RFID関連用語

RFIDとは、電波をつかってRFタグ(非接触ICカード、非接触ICタグ)のデータを読んだり、書き込みしたりする技術です。


概要



RFIDには、以下のような特徴があります。

 ・非接触でデータの交信(Read,Write)が可能

 ・電波を使用するため、バーコードと違い、見えなくても交信可能

 ・複数の一括読取が可能

 ・汚れに強い、パッシブ型の場合電源不要

日本ではいくつかの周波数帯で活用されており、LF(長波)帯、HF(短波)帯、UHF帯、2.4GHz帯などの種類があります。
また、自分で電池をもち電波を発信する「アクティブ型」と、電池をもたずリーダライタ(RW)からの電波を受けて動作する「パッシブ型」等があります。


HF(短波)帯の特徴



UHF帯のRFIDと比較すると以下のような違いがあります。

  ・水分に強く、人体近くでもICカードを手で握っていても、うまく読める。
  ・交信距離が短い。交信速度がUHF帯ほど速くない。
  ・電磁誘導方式のため、電波の反射や干渉の影響がすくない。

活用・用途



  ・交通系カード(Suica,Pasmoなど)
  ・行政カードシステム(IC免許証、マイナンバーカードなど)
  ・NFC(スマートフォンなど)
  ・社員証、セキュリティカード等入退室管理システム
  ・アミューズメント