トップ > 技術ガイド > ・Interleaved2of5(共通物流コード)

技術トレンド情報
技術ガイド バーコード/2次元シンボルガイドライン

・Interleaved2of5(共通物流コード)

2次元コード・バーコード関連用語

306_ext_02_0_S.jpg

・Interleaved2of5 は、1987 年に標準物流シンボル(ITF14/16)としてJIS-X-0502 で規格化されました。
・シンボルキャラクタが5 本のバーと5 本のスペースで2 キャラクタを表現し、キャラクタ間ギャップのない連続型
ですのでシンボル長を短くする事が出来ます。
・シンボル構成がシンプルなので誤読の可能性が高く、チェックデジットの使用を推奨します。
・Interleaved2of5 としてのシンボル規格では桁数フリーですが、現在、標準物流シンボルとしてIT16 の使用は廃止
され、JTIN としてITF14 を使用する事となっています。

○キャラクタセット:数字(0 ~ 9)
○シンボルキャラクタ:2キャラクタを10モジュールで構成
○チェックデジット:規定無し