トップ > ソリューション/事例 > 導入事例(RFID/バーコード・2次元コード)紹介 > ICカードシステム導入事例紹介 「児童の安全・安心を守る安否確認メール配信システム」『キッズ安心メールシステム』

ソリューション導入事例
「児童の安全・安心を守る安否確認メール配信システム」

6_ext_01_0.jpg

『キッズ安心メールシステム』は、学童施設や塾等を利用する児童の入退室情報を電子メールで保護者の携帯電話などにお知らせするサービスです。児童が、入館・退館時に非接触ICカードリーダーにICカードをかざすだけで、保護者に電子メールで情報を送信でき、安否確認が確実に行えるシステムです。
お問い合わせ

導入までの経緯

近年、登下校中の児童が巻き込まれる事件が全国的にも増加傾向にある中、ICTを利用し児童の安心・安全を確保する取り組みがなされています。そのような背景の中、練馬区のICT(情報通信技術)を活用した安全・安心支援施策の一つである、『ねりまキッズ安心メール事業』(運営:株式会社レノメディカ様)で当社非接触ICカードマルチ端末「MTR-200」が採用され、2010年6月1日に稼働致しました。
※同システムは 第12回「自動認識システム大賞」(フジサンケイビジネスアイ賞)を受賞しました。

システム概要図

6_ext_03_0.jpg

「児童の安全・安心を守る安否確認メール配信システム」システム概要

システムの機能・特長

ICカードによるデータ可搬型サービスである為、読み取り端末のみの簡便な運用が可能です。

6_ext_06_0.jpg

非接触ICカードリーダー「MTR-200」に無線通信モジュールを内蔵し、ICカードに記録されているメールアドレスを直接読み取り、メールを送信するシステムです。従来の一箇所のサーバで集中管理するサーバ管理型ではなく、ICカードによるデータ可搬型サービスである為、読み取り端末のみの簡便な運用が可能です。

「MTR-200」は非接触ICカードリーダライタを内蔵したタッチパネル付多機能端末で、コンパクトなサイズに非接触ICカード (RFタグ)リーダライタとタッチパネル付7インチワイド液晶を内蔵し、ポイントカード用端末やキオスク端末、ICカードタイムレコーダ、豊富なインターフェースをつかった外部機器との連携・データ収集端末など、さまざまな分野に実績があります。

導入後の効果

今後の展望
現時点ではメール配信のみの機能となっていますが、今後は児童の出欠管理や、写真付きメールの送信等、機能面の充実を図っていきます。将来的には自治体でのサービス利用、商店街でのポイント利用、被災害時の安否確認など、複数サービスを搭載し、様々なシチュエーションでの利用シーンを想定しています。

使用製品

thumnail

非接触ICカードマルチ端末 [MTR-220/225] 

CPU にIntel Atom プロセッサを採用して処理能力、グラフィック性能を向上。従来機MTR-200で好評の7インチWVGA タッチパネルや、有線LAN、 USB、シリアル、GPIO 等豊富な外部インターフェースをそのままに、正面防滴仕様となるなど、より幅広い用途でお使いいただけるようになりました。

製品詳細へ

お問い合わせ