ソリューション導入事例
「UHF帯RFIDによる試薬管理」某製薬業企業様

RFID タグを活用する事により、試薬品の棚卸、廃棄処理時の確認作業の効率化を実現しました。
導入したRFIDリーダライタ
・棚卸作業の時間短縮
・廃棄時の混入防止
・探索時間の短縮

カタログダウンロード
お問い合わせ

導入までの経緯

導入前の経緯医療用医薬品の研究・開発・製造・販売を手掛ける同社では、従来バーコードでの試薬管理を行っていましたが、棚卸作業の負荷軽減や、廃棄に際してのコンプライアンス対応にあたってRFID の導入検討が始まりました。
そこで、UHF タグの選定からハード提供、システム開発、設置調整対応までワンストップで提供できる当社に提案の機会をいただきました。



導入前の課題


導入前の課題①棚卸に時間がかかる

試薬のバーコードを1つ1つ読ませるのは時間がかかってしまう。棚の中に並んでいる試薬のバーコード面が、必ずしも前面を向いているとは限らない。




導入前の課題②一般ごみへの混入リスク

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)で廃棄方法が定められている試薬瓶が、誤って一般ごみに混入してしまっていても気づけない。




導入前の課題③探し物に時間がかかる

特定の試薬を探し出したい際に、数百種ある試薬から対象の試薬を見つけるのに時間がかかる。

システムの機能・特長

運用フロー

RFIDリーダライタが読み取った棚卸データは、CSVファイルでクライアントPCに転送され、その後、試薬データベース(DB)にアクセスし処理されます。RFIDタグが読み取れない場合のためにバーコードも印字。試薬瓶にRFIDタグを貼付

導入のポイント

棚卸機能

保管場所を手入力または、バーコード入力により設定し、棚卸業務を開始します。試薬の棚卸は、RFID タグの一括読取で行い、RFID タグが読み取れない場合のためにバーコードでの読取も可能とします。

廃棄確認機能

ゴミ箱や、ごみ袋に誤ってタグの付いた試薬が廃棄されていないかをRFID タグの読取で確認します。

探索機能

試薬番号をもとに、試薬の探索を行います。
電波強度をバーと音で表示します。バーが高く
なるにつれ近くに対象試薬が存在することを
意味します。

RFID導入実績多数。安心してお任せいただけます。

導入前コンサルティング


  • ICタグ・ハード機器の選定

  • システムのご提案

  • 現場改善のご提案

当社には数々の現場を確認し蓄積してきた豊富な情報・ノウハウがあります。それをもとにお客様にとって最適なご提案と共に、万全のテクニカルサポート体制を構築します。 どんな些細なことでも不明点があればお気軽にご相談ください。

導入後の効果

棚卸作業の時間短縮
数時間かけて行っていた棚卸作業が、ほんの数分で終わるようになりました。
廃棄時の混入防止
毎日の廃棄作業の中でゴミ袋をスキャンすることで、試薬ビンが混入してしまっていないか瞬時に確認でき、安全確実な廃棄を迅速に行うことができるようになりました。
探索時間の短縮
探したいタグを指定して電波出力することで、対象のタグの位置特定が容易になった。

使用製品

thumnail

(NEW!) UHF帯RFIDリーダライタ一体型ハンディターミナル 【RFD2000 + TC20】 ZEBRA(ゼブラ)

高出力UHF帯RFIDリーダライタ+2次元コードリーダ搭載Android端末

●高出力UHF帯RFIDリーダライタと2次元コードリーダー搭載のAndroid端末が一体化し、コンパクトでパワフルなRFIDハンディターミナルとして活躍
●圧倒的な読み取りスピード(700タグ/秒)を実現。
●バーコード・2次元コード読み取りにも対応
●75か国で利用可能

製品詳細へ

お問い合わせ
RFID導入のポイントを紹介します。