トップ > ソリューション/事例 > 導入事例(RFID/バーコード・2次元コード)紹介 > RFIDシステム導入事例紹介「UHF帯ICタグによる大型リターナブルコンテナ管理システム」

ソリューション導入事例
「UHF帯ICタグによる大型リターナブルコンテナ管理システム」株式会社日新様

817_ext_01_0.jpg

株式会社日新様は、1938年横浜において、港湾運送業者として発足された総合物流企業です。「日々、新たに」の企業理念のもと、現在、海外23か国に事業を展開し、お客様から信頼される「グローバル・ロジスティクス・サービス・プロバイダー」を目指していらっしゃいます。
同社で新たなサービスとしてスタートした、折りたたんで輸送でき、繰り返し使える「リターナブルコンテナ」は環境への配慮と輸送コストの削減を可能とします。その導入のためには、出荷から回収まで徹底した所在管理が求められました。一括読み取り可能なUHF帯ICタグとハンディターミナルによって効率的かつ正確なリアルタイム管理を実現しました。
お問い合わせ

導入までの経緯

従来の段ボールを使った使い捨ての仕組みで発生していた無駄を無くし、輸送コストの削減を可能とするリターナブルボックス「タフパック」導入にあたり、株式会社日新様では、個体単位で出荷から回収までの荷動きを正確に把握し、ユーザー企業への正確な請求や情報提供を行う仕組を求めていらっしゃいました。

※「タフパック」はキョーラク株式会社様の登録商標です。
»キョーラク株式会社様WEBサイト
»大型リターナブルコンテナ タフパック WEBサイト

システム概要図

817_ext_03_0.jpg

UHF帯ICタグとハンディターミナルによって効率的かつ正確なリアルタイム管理を実現しました。

システムの機能・特長

株式会社日新様のリターナブルコンテナ

817_ext_06_0.jpg

返却時は1/7サイズに折りたたむことができる「タフパック」は輸送コスト削減に貢献

導入後の効果

正確な在庫管理の実現

817_ext_11_0.jpg

UHF帯ICタグ及び、バーコードラベルの活用により、情物一致の在庫把握が可能になりました。
所在管理の徹底による無駄の極小化

817_ext_11_1.jpg

出荷から回収までのボックス部材単位での所在を正確にリアルタイムで把握できます。
請求の精度向上
ユーザー企業への資材レンタル期間が正確に把握可能となり、請求業務に反映することができます。

使用製品

thumnail

UHF帯RFIDリーダライタ搭載無線ハンディターミナル 【RFD5500】 ZEBRA(ゼブラ)

優れた読取距離と広い読取領域。 迅速で正確な 読取能力で作業効率を高めます。

●特許取得の無指向性アンテナで広範囲のICタグを迅速かつ正確に読み取り
●ホールド感に優れたガングリップ設計
●UHFだから出来る「位置特定機能」
●2次元コード・バーコードも一台でOK

※「RFD5500」につきましては、製造を終了することになりました。
>>後継機種 UHF帯RFIDハンディリーダライタ
 RFD8500のご紹介はこちら

製品詳細へ

thumnail

iPhone/Android端末対応 UHF帯RFIDハンディリーダライタ 【RFD8500】 ZEBRA(ゼブラ)

マルチプラットフォーム対応。Android,iOS 各種スマートフォン、タブレットとbluetoothで簡単接続。RFIDハンディターミナルとして活躍。

●iPhoneやAndroidスマートフォンとBluetoothで簡単接続。
 携帯電話網でのリアルタイム通信可能なモバイルRFIDハンディターミナルとして活躍。
●高出力& 特定小電力(250mW)に対応
●圧倒的な読み取りスピード(600タグ/秒)を実現。
●バーコード・2次元コード対応モデルもご用意。
●80か国以上で利用可能

製品詳細へ

thumnail

UHF帯RFIDタグ

長距離通信が可能なUHF帯対応ICタグを各種取り揃え、物流資材、固定資産用など対象物に応じて最適なものをご提案さしあげます。
●用途例
○耐熱対応
○カゴ車
○ドラム缶
○金属パレット
○ラック
○PC
○什器
○サーバ
○金型
○工具 etc...) 詳しくはお問い合わせください。

製品詳細へ

お問い合わせ