トップ > ソリューション/事例 > 導入事例(RFID/バーコード・2次元コード)紹介 > RFIDシステム導入事例紹介「UHF帯ICタグによる社内貸出管理システム」

ソリューション導入事例
「UHF帯ICタグによる社内貸出管理システム」某社社内資料管理部門

816_ext_01_0.jpg

厳重な管理が求められる社内資料管理部門では、社内資料、機材について、「いつ」「誰が」「何を」持ち出したかの確実かつ効率的な情報の管理が求められていました。UHF帯RFIDタグを用いた自動貸出管理システム導入によって、貸出管理の効率化、不正な持ち出しの防止、棚卸し作業の負担軽減を実現しました。
お問い合わせ

導入までの経緯

社内の重要書類、資料の持ち出しは紙ベースで管理しており、管理者の負荷が大きくなっていました。また、各棟への出入りについては施錠管理がされていますが、貸出処理を行わずに資料が持ち出されるケースも多く、紛失も問題になっていました。
効率良く運用でき、かつセキュリティの高い管理の仕組が求められており、ICタグを利用した当システムをご採用いただきました。

システムの機能・特長

利用者自身が貸出処理

816_ext_06_0.jpg

タッチパネルPCの簡単操作で自ら検索・貸出・返却処理が可能

セキュリティICゲートで不正持ち出しを検知

816_ext_06_1.jpg

資料に添付されたUHF帯RFIDタグをゲート通過時に読取り、未処理資料の持出しを検知します。

離れたタグも一括読み取り

816_ext_06_2.jpg

資料に貼付されたICタグを離れた距離から一括読み取りできるUHF帯RFIDの特長を活かし、棚卸作業も軽減されました。

導入後の効果

持ち出し管理運用の明確化
社員証と借りたい資料をシステムにかざすだけで、誰でも簡単に持ち出し登録処理が行えるようになりました。また、自動貸出機で24時間利用が可能となったことで、登録せずに持ち出されることもなくなりました。また、今誰が持ち出しているのか、返却予定がいつなのかなどの利用状況把握も容易に行えるようになりました。
貸出管理の効率化
システム化され、利用者自ら資料の検索、貸出、返却が行われるようになったことで管理者負担が軽減しました。また、各資料室の出入り口にICゲートを設けることで、未処理資料の持ち出しを制限することができるようになりました。
棚卸などの作業負担軽減
UHF帯RFIDの特性を活かしタグの一括読み取りによる棚卸が可能となりました。積層タグで薄い本や資料も素早く読み取りできます。

使用製品

thumnail

iPhone/Android端末対応 UHF帯RFIDハンディリーダライタ 【RFD8500】 ZEBRA(ゼブラ)

マルチプラットフォーム対応。Android,iOS 各種スマートフォン、タブレットとbluetoothで簡単接続。RFIDハンディターミナルとして活躍。

●iPhoneやAndroidスマートフォンとBluetoothで簡単接続。
 携帯電話網でのリアルタイム通信可能なモバイルRFIDハンディターミナルとして活躍。
●高出力& 特定小電力(250mW)に対応
●圧倒的な読み取りスピード(600タグ/秒)を実現。
●バーコード・2次元コード対応モデルもご用意。
●80か国以上で利用可能

製品詳細へ

thumnail

UHF帯RFIDフラットタイプリーダライタ(FRU-4000)

FRU-4000は無線局免許不要な特定小電力型(100mW)のフラットタイプUHF帯RFIDリーダライタです。レジ横などへの設置に最適なコンパクトサイズのアンテナ・リーダライタ一体型です。

製品詳細へ

お問い合わせ