トップ > ソリューション/事例 > 導入事例(RFID/バーコード・2次元コード)紹介 > (NEW!)RFIDシステム導入事例紹介「UHF帯RFIDによるAGV自動化/所在管理」

ソリューション導入事例
「UHF帯RFIDによるAGV自動化/所在管理」某製造業様工場

UHF帯RFIDによって、AGVの所在管理と同時に進行コースの自動選択が実現しました。
導入したRFIDリーダライタ
制御パソコン不要! ICタグを読み取り、直接上位に送信可能。上位システム開発負担を軽減。
カタログダウンロード
お問い合わせ

導入までの経緯

導入前の経緯
同社工場では、作業者によるAGV コース設定、部品内容の確認を行っていましたが、コースの選定間違いや部品供給ミスが発生しており、対策するための2重確認が必要でした。効率化を求められていたため、弊社は RFID 技術を用いて、AGV の自動化を提案致しました。
UHF タグの選定からハード提供、システム開発、設置調整対応までワンストップで 提供できる当社に提案の機会をいただきました。


導入前の課題


導入前の課題
①都度コースの選択が必要
製品内容によって、都度AGVへの指示が必要なため、確認の時間や作業者の工数が発生する。また、ヒューマンエラーが発生するケースもあった。
導入前の課題②AGVが搬送している部品の数量と内容がわからない
現状AGVが搬送している製品の内容を確認する必要があり、使用しなかった部品については、在庫に戻す必要があった。
導入前の課題③AGVの使用状況、所在位置がわからない
AGVの使用状況、所在位置を把握したい

システムの機能・特長

運用フロー

台車に取り付けられたICタグを読み取りAGVに行き先を指示します。エリア間に設置した固定式リーダライタ(ゲートアンテナ)でICタグを読み取り、実績を記録します。管理PCで登録されたデータを閲覧することができます。

改善のポイントと導入効果

部品搬送の行先管理が 可能・指示の精度アップ (ヒューマンエラー防止)

RFIDを使用したカンバンにより、AGVに行先を指示し、工程ライン毎へのフレキシブルな自動搬送を実現した。それに伴い、RFIDを使用したシステムで作業者の負担を軽減することができた。

AGVが搬送している 部品情報と数量を把握

リターナブル容器にRFIDタグを付け、上位システムと連携することで各部品内容と数量を紐付けて、把握することができた。

UHF帯RFIDによる AGVの所在・通過管理 (見える化)への活用

AGVの通過箇所にRFIDリーダーを設置することで、各AGVの所在を管理することができた。

RFID導入実績多数。安心してお任せいただけます。

導入前コンサルティング


  • ICタグ・ハード機器の選定

  • システムのご提案

  • 現場改善のご提案

当社には数々の現場を確認し蓄積してきた豊富な情報・ノウハウがあります。それをもとにお客様にとって最適なご提案と共に、万全のテクニカルサポート体制を構築します。 どんな些細なことでも不明点があればお気軽にご相談ください。

使用製品

thumnail

自律駆動型固定式UHF帯RFIDリーダライタ 「FRU-4100Plus/FRU-4025Plus」

FRU-4100Plus/FRU-4025Plusは簡単設定の自律駆動型UHF帯RFID固定式リーダライタです。

上位システム開発負担を軽減!

・マニュアルモードと、4つのオートモード搭載
PLCリンク機能がオートモードに追加! ラダーなしでメモリにICタグデータが上がります(FRU-4025Plus/FRU-4100Plus共通)
・オートモードでは制御パソコン不要! 電源ONで自動的にICタグを読み取って上位にデータを送信
・オートモードの各種設定はブラウザから簡単設定 

●無線局申請不要な特定小電力型と構内無線局(免許局)の2モデル
●LAN接続(Socket通信、HTTP/HTTPS通信)をサポート
●外部インターフェース(LAN/DIO)
●電源 DC12~24V対応
●小型、省スペース
日本製。日本語マニュアル、日本語資料でわかりやすい
●電文フォーマットや、マニュアルモードコマンド資料等は↓のダウンロードより公開

製品詳細へ

お問い合わせ
RFID導入のポイントを紹介します。