トップ > 製品紹介 > X線検査関連装置 > X線検査装置 > 高分解能X線検査装置専用オプション[加熱装置]

X線検査装置
高分解能X線検査装置専用オプション 加熱装置

X線検査に関する詳細な情報はこちらをご覧ください>>X線検査事業紹介サイトへ

198_ext_10_0.gif
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

搭載可能機種:TUX-3000W・TUX-3200N・TUX-3210N
最高400℃までの加熱を5℃/秒の温度勾配で実現

自社製の高輝度開放管X線源が実現したX線動画保存機能。非破壊で変化の過程が観察できます。

機能・特長紹介

最高400℃までの加熱を5℃/秒の温度勾配で実現

198_ext_09_0.gif
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

抜群の温度プロファイル追従性。1プロファイル99点まで簡単設定

外観カメラを併用して、表面観察・X線透視観察を同時に録画

198_ext_09_2.jpg
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

加熱時の表面・裏面の温度差を無くし、リフローに近い状況を再現 (N2ガスの使用も可)

温度制御用熱電対2点の他に、温度計測用に任意2点が増設可

PCへ直接取り組み動画保存、専用ソフトで表面とX線透視動画を同時再生

・画像を平均化する事で、低ノイズの鮮明な動画を実現
・動画内に温度や時間、撮像条件などのデータを表示
・温度計測データをCSV形式で保存可能

加熱後の冷却機能を標準搭載

仕様

搭載可能機種 TUX-3000W/TUX-3200N/TUX-3210N
外形寸法
 加熱ユニット 加熱ユニット
 温度調節機 258(H)×580(W)×230(D) 重量12Kg
ワークサイズ 縦40×横40×厚み6mmまで
観察範囲 (*1) (30×30mmホルダの場合)
 検出器 傾斜0度 30mm×30mm
 検出器 傾斜60度 14mm×30mm
検出器 傾斜機構(*2) 60度まで(但しTUX-3000Wは傾斜機構なし)
加熱機構
 上限温度 300℃(400℃まで可、但し時間制限有り)
 昇温勾配 0.1~5.0℃/秒
冷却機構
 冷却方式 自然冷却、または冷風冷却
 降温勾配 約3℃/秒以下(200℃~300℃の範囲内)
※1:サンプルホルダーは観察範囲30×30mmと15×15mmの2種が付属します。
※1:サンプルホルダーは観察範囲30×30mmと15×15mmの2種が付属します。
お問い合わせ

製品検索

修理依頼

生産終了製品一覧