トップ > 製品紹介 > RFIDリーダー・ICタグ > UHF帯RFIDリーダー > (NEW!)自律駆動型固定式UHF帯RFIDリーダライタ 「MRU-F5100JP」

UHF帯RFIDリーダー
(NEW!)自律駆動型固定式UHF帯RFIDリーダライタ MRU-F5100JP


 画像をクリックすると拡大されます。

MRU-F5100JPは簡単設定の自律駆動型UHF帯RFID固定式リーダライタです。

上位システム開発負担を軽減!

・マニュアルモードと、4つの自律モード搭載
・自律モードでは制御パソコン不要! 電源ONで自動的にICタグを読み取って上位にデータを送信
・各種設定はブラウザから簡単設定 
PLCリンク機能搭載。ラダーなしでメモリにICタグデータが上がります

●無線局申請不要な特定小電力型と構内無線局(免許局)の2モデル(特定小電力モデルMRU-F5025近日発売)
●LAN接続(Socket通信、HTTP/HTTPS通信)、シリアル接続(RS-232C)をサポート
●電源 DC12~24V 及びPoE対応
●ハードな産業用途に耐える高い堅牢性
●動作温度 -20℃~55℃
日本製。日本語マニュアル、日本語資料でわかりやすい


カタログダウンロード
お問い合わせ

機能・特長紹介

自律動作で上位システム開発削減(自律モード)


電源ONで自動的に読み取りを行い、データを送信します。
各種の設定はブラウザから可能です。
パソコン等から複雑なプログラムでコントロールする必要はありません。

LAN内のサーバのみならず、ルーター越しにインターネット上のクラウドサーバにデータを送信することも可能です。

サーバ側はWEBサーバなどでデータを受信できます。HTTPSでセキュアな通信が可能です。
システム開発者は、簡単にRFIDリーダライタを使ったシステムをスタートできます。

無線局申請不要な特定小電力型と構内無線局(免許局)の2モデル

用途に応じて無線局申請不要な特定小電力タイプ【MRU-F5025(近日発売)】と高出力の構内無線局(免許局)タイプ【MRU-F5100JP】からお選びいただけます。

多様な通信方式をサポート

LAN、シリアルインターフェースのほか、DIOも搭載。
センサーからのデジタル入力の受信、周辺機器へのデジタル出力が可能。
アンテナポート数:4個


柔軟なDIO連携

 デジタル入力4点の入力毎に、どのアンテナを使用するか、電波出力をいくつにするかといった設定が可能です。これにより状況にあわせた多様な読み取り操作が可能となります。(自律トリガモード時)

LAN接続(Socket通信、HTTP/HTTPS通信)をサポート

HTTP/HTTPS通信では、GET,POSTのクエリー方式と、JSON方式をサポート

小型、省スペース、PoE対応、選べるアンテナ

コンパクトサイズでPoE対応。アンテナもニーズに合わせて変更でき、自由度の高い設置を可能にします。運用に合わせて多彩な接続構成をお選びいただけます。

ハードな産業用途に耐える高い堅牢性と信頼性

 頑丈設計。寒冷地から高温の現場まで活躍できる動作温度-20~+55℃。有線LANのみならずRS-232C通信もサポート。高い堅牢性、信頼性が求められる生産現場での活用に最適です。

PLCリンク機能

設定だけで、PLCの中のメモリにICタグのデータを書き込むPLCリンク機能を搭載しました。
複雑なコマンドを送信するラダーを組む必要はありません。
PLCからのトリガー、あるいはセンサー等をトリガーにし、ICタグの読取検知を実行して、ICタグのデータをPLCの指定された番地に書き込みます。
PLCリンク機能

※LAN接続で三菱電機製の他、各社のPLCに使用できます。詳細な対応機種などについてはマニュアルをご参照ください。

システム開発に役立つ機能


WEB設定機能

Chrome、Edge等のWEBブラウザを使用して、各種設定を行うことができます。データ送信先、送信プロトコル、読み取り動作設定、デジタル入力/出力、アンテナポート、電波出力、電波チャネル、自機IPアドレス、DNS、デフォルトGW等、設定のインポート/エクスポートも可能です。



LEDとファンクションキー

状態LED表示と各種機能を持ったファンクションキーを装備。開発作業を高速化します。


●アンテナLEDで 現在読み取り中のアンテナを表示
●RSSI LED で読み取ったICタグのRSSI値を表示(RSSI:ICタグからの受信信号強度)
●ファンクションキー:システム開発・設定調整時に、センサー替わりにF1キーで、トリガ入力オンのテストが可能です。(トリガモード/PLCモード時)

開発・調整時に便利なデータ保存機能

 初期の導入検証時、一時的に現場に設置して、どんな風にデータが取得できるか確認したいことが良くあります。
 MRUシリーズであれば、パソコン等がなくとも、本体だけで、内部の記憶領域にデータを保存し、あとでデータファイルを取り出して検証することができます。


設定のインポート/エクスポート

  各種の設定は設定ファイルとして、パソコンにエクスポートして保存することができます。また、それをインポートして設定を反映させることができます。
 これにより、設定のコピーや、障害時の代替機への設定などが、簡単に行うことができます。


活用例

ハンズフリー通過管理

クラウドで複数拠点の入退出状況を集中管理

●HTTPS通信対応
●ブラウザで各種設定可能、設定後は電源ONで動作し、クラウドにJSON形式でデータ送信
●MRUシリーズ/FRUシリーズは、自律動作モードを搭載しており、パソコンレスで運用が可能です。単体でルーター越しにクラウドサーバにデータ送信が可能。素早く、軽いシステム構築・運用を実現します。

ソリューションモデル「UHF帯RFIDハンズフリー通過管理システム紹介」はこちら

組立/加工工程のトレーサビリティ

FA現場に強い!

●ハードな産業用途に応える高い堅牢性
●PLCリンク対応
●DIO装備により、各種センサー連動やパトライト・ブザーなどの操作が可能
●電源 DC12~24V及びPoE対応
●動作温度 -20℃~55℃
●小型、省スペース

920MHz帯RFID 無線局の申請について

MRU-F5100JPをご使用いただく場合、構内無線局免許局の申請が必要となります。

>>920MHz帯RFID 無線局の申請についてのご案内はこちら

ソリューションモデル・導入事例・関連技術トレンド情報

紹介ビデオ

仕様

型式 MRU-F5100JP  MRU-F5025
動作モード  [マニュアルモード ] 上位からのコマンドで動作
[自律モード] 自律動作できるインテリジェント機能搭載
RFID部  周波数 916.8~920.4MHz  916.8~922.2MHz
UHF帯RFID規格 ISO/IEC 1800-63(6C)準拠(EPC global Class1 Gen2)
送信電力 1W(30dBm) 250mW(24dBm)
5~30dBm、0.1dBmステップで可変 5~24dBm、0.1dBmステップで可変
無線局申請 必要(構内無線局免許局、陸上無線局免許局) 不要(特定小電力無線局)
アンテナ接続数・コネクタ 4ポート・SMA-J
接続インターフェース LANポート : 10Base-T / 100Base-TX(全二重)
RS-232C(データ用 最大 115.2kbps)×1ポート
RS-232C(デバッグ用 115.2kbps)×1ポート
デジタル入出力 DIO 入力・出力各4点
ファンクションキー 2個(F1キー、F2キー)
電源定格  入力電圧 DC:12V/24V ±10%(POWER コネクタ) もしくはPoE:37.0~57.0V オルタナティブA/B(LAN コネクタ)
消費電流 DC:最大1A@12V/0.5A@24V 
PoE:IEEE802.3af Class 0
DC:最大0.8A@12V/0.4A@24V
PoE:IEEE802.3af Class 0
防塵・防滴  IP4X
動作環境  動作温度湿度 -20~+55℃(結露なきこと) / 20~85%RF(結露なきこと)
保存温度湿度 -20~+60℃(結露なきこと) / 10~85%RF(結露なきこと)
外形寸法(※突起部を除く) 175(W)×107(D)×31(H)mm
重量 740g

カタログダウンロード
お問い合わせ
RFID導入のポイントを紹介します。

製品検索

修理依頼

生産終了製品一覧