バーコードリーダハンディターミナル
ハンディターミナル TBR-6021

801_ext_10_0.jpg
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

WindowsCE6.0搭載。使いやすさと機能を両立。無線LAN内蔵スキャナ一体型PDAモバイルハンディ。

TBR-6021は作業者の“持ちやすさ”、“使いやすさ”、“収納性”を考慮したフォルム設計となっており、環境照度に合わせて“画面の明るさ”を自動で制御します。OSには、WindowsEmbeddedCE6.0を採用。高速プロセッサを搭載して、旧モデルTBR-6020から処理スピードが大幅Up。メモリ容量、防滴性能(IP55)、運用時間も向上してさらに使いやすくなりました。
»»2次元コード対応モデル TBR-6021D製品紹介はこちら

お問い合わせ

機能・特長紹介

使いやすさを向上

人間工学に基づき、丸みを付けた親しみやすいデザイン設計と、清潔感のあるホワイトのクリアパール塗装は汚れも簡単に
落とすことができます。

持ち方にあわせたバーコードスキャンが可能

801_ext_28_1.jpg
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

 バーコードのスキャン操作は、サイドのトリガーキーだけでなく、ファンクションキーへも自由に割り当てることが可能です。
 使用場面やアプリケーションに合わせて使い分けることができます。

大型化したキーデザイン

801_ext_28_2.jpg
zoom_icon.gif 画像をクリックすると拡大されます。

大きく押しやすいキーデザインを採用しました。作業現場でも操作ミスを減らし、作業効率が高まります。アプリケーション使用時に便利な十字キーは独立キーで採用しております。

現場で威力を発揮するタフボディ

TBR-6010での経験を元に、強度対策とデータ保護機能を装備。
耐落下1.5m、防滴防塵IP55準拠、静電気耐力15kV、ハードな現場でも使用にも耐えることができます。
現場で威力を発揮するタフボディ

仕様

型式 TBR-6021
制御部
 OS Microsoft(R)Windows(R)Embedded CE 6.0 R3
 CPU Texas Instruments AM3703 1GHz
 ROM 2GB(うちユーザ領域:約1,768MB)
 RAM 512MB(うちユーザー領域:約352MB)
スキャナ
 適用コード JAN/EAN/UPC(GTIN)、Codabar、ITF、Code39、Code128、GS1-128、GS1-Databar
表示部
  タイプ 透過型TFTカラー液晶
  表示サイズ 480×640ドット表示(QVGA表示可能)
  照明 LEDバックライト
  LED 2色表示
キーボード タッチパネル、 テンキー、 ファンクションキー(F1~F5)、トリガ(左右、F3)
インターフェース
  無線LAN IEEE802.11a/b/g
  Bluetooth Ver2.0準拠
  IrDA IrDA 1.2準拠
  カードスロット microSDスロット×1
電源
  主電池 充電式リチウムイオンバッテリ1800mA(3600mA)
  運用時間(※1) 12時間(24時間)
使用環境
  運用温度/湿度 -5~50℃、20~85%RH(結露しないこと)
  保存温度/湿度 -20~60℃/5~95%RH(結露しないこと)
環境耐性 IP55準拠
保護構造 耐落下1.5m、 静電気耐力15kV
外形寸法 69(W)×159(H)×23[35](D)mm
重量 約275g(標準バッテリ含む)

※1.社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)HT標準モードGにて測定。バックライトONの状態で、10秒の間にバーコードを2回読み、1KBのデータをFTPで送受信を行い、ハンディ内のデータを読み込み画面表示してメモリに書き込む。この10秒1セットを繰り返して測定。

お問い合わせ

製品検索

修理依頼

生産終了製品一覧