トップ > ニュース > プレスリリース > 健診・人間ドック施設などで他の検査場所の検査待ち状況をリアルタイムに一括表示。UHF 帯IC タグを用いた自動読取システム。

ニュース
プレスリリース

2016-10-11

『健診・人間ドック施設などで他の検査場所の検査待ち状況をリアルタイムに一括表示。UHF 帯IC タグを用いた自動読取システム。』

RFID/バーコード・2 次元コードなど自動認識システムの企画・開発・製造・販売を行う株式会社マーストーケンソリューション(以下:MTS、所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 村上 浩)は、人間ドックや健診施設向けに、施設内の全ての検査場所の待ち状況が事務所パソコンや現場スタッフの手元にあるタブレットで一元的に確認できる「検査待ち状況表示システム エスコートナビこまち」をリリースしました。

製品概要URL:http://www.mars-tohken.co.jp/solution/package/detail/rfid-escortnavikomachi.html

特長

「検査待ち状況表示システム エスコートナビこまち」の特長
●今まで把握することができなかった他検査場所の待ち状況を正確に把握することができ、より効率の良い検査案内を実現。
●多層階の健診施設でも、他フロアの検査場所で受診者が何人待っているかをわかりやすく表示。
●検査室の前にあつらえてある受診票トレイの下にUHF 帯リーダライタを設置し、受診者用のファイルやボードにUHF 帯IC ラベルを貼付して、トレイに置かれたファイル数を認識させて待ち人数をカウント。
●現場スタッフの運用を変更することは一切不要。位システムとの連携で、検査ごとの進捗状況や、誰が待っているのか、長く待っている方のアラート発報、まだ案内できない検査への制限等、受診者を案内する上で便利な機能を実現。
●上位システムとの連携で、検査ごとの進捗状況や、誰が待っているのか、長く待っている方のアラート発報、まだ案内できない検査への制限等、受診者を案内する上で便利な機能を実現。

価格

「検査待ち状況表示システム エスコートナビこまち」の価格
:オープン価格

株式会社マーストーケンソリューション

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-8-5 新宿御苑室町ビル

担当者:営業企画室 村岡 水野 Tel:03-3352-8560 E-mail:info@mars-tohken.co.jp

ニュース

プレスリリース

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

メディア掲載記事

展示会情報

お知らせ