トップ > ニュース > お知らせ > 医療用医薬品への可変情報表示検討セミナーご来場ありがとうございました。

ニュース
お知らせ

2013-03-13

『医療用医薬品への可変情報表示検討セミナーご来場ありがとうございました。』

ご来場いただき誠にありがとうございました。

3月12日、当社主催にて『医療用医薬品への可変情報表示検討セミナー』を開催いたしました。

昨年6月末、厚生労働省より新バーコード表示の改正通知が発表され、準備が調った企業から、元梱・販売包装への可変情報表示が要請されました。 それを受け、準備を始めている企業が増えています!

今回のセミナーでは、新バーコード表示に欠かせない「コンピュータ化適正管理ガイドライン カテゴリー3」への対応を踏まえたシステム提案をさせていただきました。

また、医療機関で新バーコード表示がどの様に活用されているのか、芳賀赤十字病院中里先生をお招きして、医療現場の生の声をお届けしました。

多くのご来場をいただき誠にありがとうございました。

開催概要

  • 日時:平成25年3月12日(火) 14時から17時
  • 会場:東京都新宿区新宿1-8-5 新宿御苑室町ビル3F 株式会社マーストーケンソリューション 本社
  • 講師:芳賀赤十字病院 中里先生  / 株式会社マーストーケンソリューション メディカルプロジェクト
  • 参加費用:無料

セミナー内容(予定)

  • GS1データマトリクスの解説 (基礎知識から表示方法までをわかり易く解説)
  • ●中国・韓国のバーコード表示の解説 (表示方法のポイントをわかり易く解説)
  • ●特別講演:新バーコードの注射薬での運用とPTPにおけるバーコード表示の活用等(仮称)
     講師:芳賀赤十字病院 中里先生
  • ●コンピュータ化適正管理ガイドライン対応システムのご提案
  • ●元梱ラベル発行システムのご提案
  • ●バーコードチェックシステムご提案
  • ●バーコード検証機のご提案

関連機器の実機展示コーナー併設

当日、セミナー会場では印字装置、検証機、バーコードスキャナなど最新機器をご体験頂ける展示コーナーを設置しました。

GS1認定 バーコード検証機

GS1認定 バーコード検証機 [INTEGRA 9510-5]

簡単操作で抜群の繰り返し精度。 バーコード&2次元コードを最終形態で検証可能

Integra9510は、カメラタイプの検証機なので2次元コード含む全てのバーコードが検証できます。
>>詳細はこちら

RSS合成シンボル/GS1-128 「GS1-チェッカー」

RSS合成シンボル/GS1-128 「GS1-チェッカー」

RSS合成シンボルおよびGS1-128(UCC/EAN-128)はシンボル自体の規格の他に、印字するデータフォーマットのガイドラインがISO(国際標準規格)で定められております。
“GS1-チェッカー”はバーコードを読ませるだけで、誰でも簡単にガイドラインへの適合チェックが可能です!  >>詳細はこちら


ニュース

お知らせ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

プレスリリース

メディア掲載記事

展示会情報