トップ > ニュース > 展示会情報 > 国際モダンホスピタルショウ2019出展報告

ニュース
展示会情報

国際モダンホスピタルショウ2019出展報告

株式会社マーストーケンソリューションは、2019年7月17日(水)~19日(金)の3日間で東京ビッグサイトにて開催された『国際モダンホスピタルショウ 2019』に出展いたしました。おかげさまをもちまして盛況のうちに終了する事ができました。ご来場頂きましたお客様には心より御礼申し上げます。当社ブース画像を交えてご報告さしあげます。

展示会概要

名称:国際モダンホスピタルショウ2019
>>国際モダンホスピタルショウ2019 公式サイト

会期:2019年7月17日(水)~19日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 南3ホール
当社ブース番号:F-38

出展内容

今回は、昨年リリースしたタブレット型の新製品「健診ステーションPlus」や、巡回健診先への「機材持出管理システム」を展示いたしました。
 その他にも、アンドロイド端末を使った誘導支援システム、Web問診システムなど健診の市場に向けた多種多様な製品の紹介をさせていただきました。
> >「健診ステーション」特設サイト
> >UHF帯RFID 備品・機材持ち出し管理システム
多彩なシステムで健診現場の効率化をお手伝い

「健診ステーションPlus」のご紹介

当社出展ブース

 画像をクリックすると拡大されます。

ニュース

プレスリリース

メディア掲載記事

展示会情報

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

お知らせ

お知らせ