トップ > ニュース > 展示会情報 > 第18回 図書館総合展出展報告

ニュース
展示会情報

第18回 図書館総合展出展報告

株式会社マーストーケンソリューションは、2016年11月8日(火)から10(木)日の3日間、パシフィコ横浜で開催された「第18回 図書館総合展」に出展いたしました。おかげさまをもちまして盛況のうちに終了する事ができました。ご来場頂きましたお客様には心より御礼申し上げます。当社ブース画像を交えてご報告さしあげます。

展示会概要

名称:第18回 図書館総合展 同時開催:学術情報オープンサミット2016
> > 第18回 図書館総合展オフィシャルサイト
期間:2016年11月8日(火)-10日(木) 10:00~18:00 入場無料
場所:パシフィコ横浜 展示ホール/アネックスホール他
当社ブース:NO.24

出展内容

当社ブースでは、書籍用ICタグのご提案から、自動貸出機、不正持ち出し防止用ICゲート、蔵書点検用一括読取りシステムなど、図書管理における“効率化”、“省力化”、“顧客サービス”、“現状の見える化”の実現に必要なソリューションをフルサポートで展示いたしました。
今回の展示でも、“離れて読める”、“一括で読み取れる”で注目のUHF帯ICタグを活用したソリューションを中心に出展しました。

今年は、UHF帯ICタグ図書館システムの新提案として、「ドローンによる蔵書点検」を参考出品し、多くのお客様の関心を頂きました。


ICタグ図書館管理システム(UHF帯RFIDを利用した自動貸出/蔵書点検)のご紹介

当社出展ブース

 画像をクリックすると拡大されます。

ニュース

プレスリリース

メディア掲載記事

展示会情報

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

お知らせ

お知らせ