トップ > ニュース > 展示会情報 > 第12回自動認識総合展大阪出展報告

ニュース
展示会情報

第12回自動認識総合展大阪出展報告

株式会社マーストーケンソリューションは、2015年2月19日(木)-20日(金)までの2日間 マイドームおおさかにて開催されました『第12回自動認識総合展大阪』の企業ブースに出展いたしました。おかげさまをもちまして盛況のうちに終了する事ができました。ご来場頂きましたお客様には心より御礼申し上げます。

出展概要

名称:第12回自動認識総合展大阪(AUTOID & COMMUNICATION EXPO OSAKA 2015)
»第12回自動認識総合展大阪(AUTOID & COMMUNICATION EXPO OSAKA 2015)オフィシャルサイト
期間:2015年2月19日(木)~2月20日(金)
場所:マイドームおおさか1階展示場
当社ブース番号:20

出展内容

下記製品をはじめ、新商品を中心に、自動認識総合メーカーとしてRFIDから2次元バーコードまで、業界随一のラインナップで出展いたしました。


◇(新製品)OCR対応2次元コードスキャナ MVF-500


まだまだ現場で必要となっている“文字認識”機能や、安定した運用をするためのバーコードの“印字品質検査”までも一台のスキャナで可能となりました。


◇ESD対応製品


 今や、精密機器の製造エリアなどでは常識となっている静電対策ですが、当社は、静電気の発生が許されない場所で安心して使用できる高信頼性の帯電防止スキャナをラインナップしております。
 帯電防止スキャナのことなら何でもご相談ください。
>>ESD関連製品紹介


◇2次元コードリーダハンディターミナル TBR-6021D


最先端のイメージャーユニットを搭載し、ハンディターミナルでは希少な、基板ダイレクトマーキングの読み込みも可能になりました。
>>TBR-6021D製品紹介



◇NFC対応!作業実績収集システム WMステーション


ソフトウェアの提供だけでなく、作業実績収集に必要な”社員証ICカード”、”実績収集用ICリーダマルチ端末””各種マスター作成サポート”まで、システム稼働に必要なすべてが準備されたオールインワンパッケージです。
>>物流・製造業向け作業実績収集システム “ WMステーション for NFC ”紹介


◇高出力UHFハンディターミナルRFD5500


優れた読み取り距離と広範囲のカバー領域を持つ高出力タイプのUHF帯 RFIDリーダーライタ搭載 無線ハンディターミナルです。
>>RFD5500製品紹介


◇ダイレクトパーツマーキング用高性能2次元コードスキャナ


プリント基板などにダイレクトマーキングされた2次元コードの読み取りに最適なスキャナを各種取り揃えてご紹介いたします。
>>ダイレクトマーキング対応機器紹介

 

当社出展ブース

多数のご来場を頂き誠にありがとうございます。

 画像をクリックすると拡大されます。

ニュース

プレスリリース

メディア掲載記事

展示会情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

お知らせ