トップ > ニュース > 展示会情報 > 第13回図書館総合展出展報告

ニュース
展示会情報

第13回図書館総合展出展報告

株式会社マーステクノサイエンスは、設立以来様々なRFID製品と各種システムソリューションをご提案して参りました。その中でも、図書管理システムにおいては自動貸出機や蔵書点検機などお客様からのニーズからご意見を頂戴し製品化をしておりますが、今回「第13回 図書館総合展」に出展いたしました。また、今回はブースの展示に加えまして、11日(金)開催のフォーラムプログラム「韓国におけるU-Libraryについて」(主催:株式会社日本ブッカー様)にも参加いたしました。
おかげさまをもちまして盛況のうちに終了する事ができ、ご来場いただいたお客様には心より御礼申し上げます。 当社ブースの画像を交えてご報告いたします。

展示会概要

名称:第13回図書館総合展
»第13回図書館総合展 オフィシャルサイト
期間:2011年11月9日(水)~11月11日(金)10:00-18:00
場所:パシフィコ横浜 展示ホールD/アネックスホール (横浜市西区みなとみらい1-1-1)
当社ブース:44 (株式会社日本ブッカー様と共同出展)

フォーラムプログラム (共同出展社の株式会社日本ブッカー様主催)

開催日時:2011年11月11日(金) 15:30 ~ 17:00
開催会場:パシフィコ横浜 フォーラム会場 第3会場(アネックスホール203)
テーマ: 韓国におけるU-Libraryについて」
講演者: 洪 河哲(韓国大統領府傘下図書館情報政策委員会電算事務官)

出展内容

第13回図書館総合展では、株式会社日本ブッカー様と共同で、以下の製品を出展いたしました。(クリックで画像拡大表示)
1.自動貸出機 
2.ICゲートシステム
3.ブックキッズ:読書通帳機
4.ブックシャワー:書籍消毒機
5.自動貸出システム「Kalliope(カリオペ)」



ICタグ図書館管理システム(UHF帯RFIDを利用した自動貸出/蔵書点検)のご紹介

»第16回図書館総合展出展のご案内はこちら(2014年度出展告知)
»第15回図書館総合展出展報告はこちら(2013年度出展報告)
»第14回図書館総合展出展報告はこちら(2012年度出展報告)

当社出展ブース

 画像をクリックすると拡大されます。

ニュース

プレスリリース

メディア掲載記事

展示会情報

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

お知らせ