トップ > ニュース > メディア掲載記事 > 「オートメレビュー」(オートメレビュー社)2012年7月18日 「自動認識に新たな市場 」

ニュース
メディア掲載記事

「オートメレビュー」(オートメレビュー社)2012年7月18日 「自動認識に新たな市場 」

※以下、上記媒体掲載記事から抜粋しております。

内用薬・外用薬の調剤包装 3年後バーコード義務化 厚労省が通知

厚生労働省は6月29日、「医療用医薬品のバーコード表示の実施要項」の一部を改正し通知した。 今回の改正で、内用薬と外用薬の調剤包装単位についても、実施時期を3年後の15年7月出荷分からとした。 製造販売会社は、販売包装単位の箱を複数入れた元梱包装単位、PTPシートなどを複数入れた販売包装単位のほか、PTPシートやバラ包装のビンなど医薬品を包装する最小単位までバーコード表示しなければならない。 バーコード表示対象の増加は、自動認識機器の新たな需要につながるため、メーカーは医療用医薬品のバーコードを対象にした各種認識関連機器の開発、販売強化に取り組みだした。マーストーケンソリューションは、スキャナーのほか、RSS/RSS合成シンボルの印刷や印字品質をチェックするオフライン検証機を発売し、さらにGS1-Databar、RSS合成シンボルをガイドラインに準拠しているか照合するGS1チェッカーを開発した。

関連ソリューションパッケージ製品

⇒GS1-Databar/GS1-128 「GS1-チェッカー」

ニュース

プレスリリース

メディア掲載記事

2018年

2016年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

展示会情報

お知らせ