トップ > ニュース > メディア掲載記事 > 「月刊自動認識」(日本工業出版) 2018年12月号 「1台で様々な距離に対応した フォーカス機能付き 2次元コード固定式スキャナ MCR-F530」

ニュース
メディア掲載記事

「月刊自動認識」(日本工業出版) 2018年12月号 「1台で様々な距離に対応した フォーカス機能付き 2次元コード固定式スキャナ MCR-F530」

※以下、上記媒体掲載記事から抜粋しております。

はじめに

従来の固定式バーコードスキャナの取り付けに際しては、スキャナの仕様(読み取り距離)に応じた取り付け位置を考慮しながらラインを設計するか、ライン(取り付け位置)に応じたスキャナやレンズを選ぶ必要があった。 例えば、高さが異なるワークの読み取りが必要な場合、それぞれの読み取り距離に応じて複数のスキャナを、取り付け位置や読み取り設定を調整しながら設置することになり、スキャナの数だけコストと設定の手間がかかってしまう。 このようなケースで、距離に応じてフォーカス設定を簡単に変えることができるスキャナであれば、大きくコストと手間をカットすることができる。 当社は、上記のようなニーズを背景に、フォーカス機能付き2次元コード固定式スキャナ「MCR-F530」を開発した。

製品特長

MCR-F530は液体レンズを搭載することにより、様々な読み取り距離に一台で対応可能である。また当社独自の読み取りアルゴリズムを搭載し、読み取り困難とされるダイレクトマーキングなどの安定した読み取りを簡単設定で実現する。

高分解能から幅広バーコードの読み取りまでカバー

高精細120万画素CMOSを搭載し、最小分解能0.1mmを実現している。異なる読み取り距離に対応することで、極小シンボルから、幅広バーコードにも対応する読み取り性能を持つ。

最適な読み取り設定をパソコンから簡単に行える無償提供ソフトウェア

各種パラメータやテーブルをGUIで操作できるWindows用ソフトウェア「MCRConfig」により、画面の指示にしたがって読み取り対象の位置を合わせ、「自動調整」ボタンをクリックするだけでワークや読取距離に応じた「明るさ(照明)」、「フォーカス」、「画像処理」などのパラメータを自動調整する。



また、複数個所にMCR-F530を設置されるケースが多いが、セットアップ(設定パラメータ)の保存・読込が可能であり、設置場所のセットアップを作成しておくことで、いざ設置場所の転換を行う場合にスムーズな作業を可能とする。

ダイレクトパーツマーキングの読み取りに最適

自動車や電子デバイス業界での部品単位でのトレーサビリティで広く利用されているダイレクトパーツマーキングの読み取りでは、レーザーやドットピンで刻印する2次元コードのセル(ドット)の並びがいびつになっていたり、ガラスや金属の表面に刻印したことで照明によるハレーションを受けて適切な画像が得られないなど、様々な障害の原因があり、読み取りエラーの発生に悩まされる現場は少なくない。エラーのリカバリや、読み取りの設定のためにかなり多くの時間を取られているケースも多い。

当社は、ダイレクトマーキングや難読シンボルの読み取りアルゴリズムに多くの開発投資を行い、様々な素材、様々な印字パターンを分析して、最適な読み取りのための照明や画像処理設定を製品に組み込んでおり、事前設定なしでも安定した読み取りを可能としている。(ドットピンにも対応)

インテリジェントテーブルモード

読み取りが困難とされる印字パターンを分析して、スキャナ内に16パターンの読取条件をプリセットしている。アクティブチューニングで読み取れない場合、独自のアルゴリズムで フォーカスに応じた最適な設定を自動選択して読み取りを行う。次回以降は選択された読み取り設定を記憶して読み取りを始める。最大16パターンの設定内容は任意に変更することも可能。

シンボル読み取り能力を強化

バーコード、2次元コードの読み取り能力を強化し、異なる種類のコードが混在しても高速での読み取りを可能としている。

PLCプログラムレスでつながるPLCリンク機能搭載

PLC内のバーコードデータ書込みメモリ番地をスキャナに設定しておくと、読み込んだバーコードデータを自動的に指定のメモリに書き込む。
PLCのプログラミングは普段から開発に慣れている、メモリ監視ロジックだけである。もちろん、データ読み書きもPLCメモリを利用してハンドシェイクを行う。

おわりに

当社では本製品を含むバーコード、2次元コードの読み取り能力に重点をおいた固定式スキャナを「MCR」シリーズとしてラインナップしており、ハンディタイプの「MCR-H700シリーズ」なども既にリリースしている。今後も、さらに機能アップした製品や特定の機能に進化した製品を順次リリースしていく予定である。これによりさまざまな現場でお客様の抱える課題解決、生産性向上を支援していく所存である。

関連製品

製品詳細へ

『高分解能』から『幅広バーコード』の読み取りまで 様々な読み取り条件をこれ一台で対応可能。

●ダイレクトマーキングの読み取りに最適
●チューニング時や設置時に自動でフォーカス調整を行います
●各種パラメータをパソコンから簡単に設定するソフトウェアを無償提供
●インテリジェント・テーブルモード搭載で最適な読取り設定を自動で実行
●プログラムレスで接続可能なPLCリンク機能搭載

製品詳細へ

ニュース

プレスリリース

メディア掲載記事

2018年

2016年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

展示会情報

お知らせ