トップ > ニュース > メディア掲載記事 > 「週刊朝日」(朝日新聞出版)2009年6月2日号 VIEW-POINT 21 多機能で柔軟性を持つポイントシステム~非接触ICカード多機能端末も発売 

ニュース
メディア掲載記事

「週刊朝日」(朝日新聞出版)2009年6月2日号 VIEW-POINT 21 多機能で柔軟性を持つポイントシステム~非接触ICカード多機能端末も発売 

※以下、上記媒体掲載記事から抜粋しております。

一枚のカードに買い物ポイント、電子マネー等を集約、財布要らずで買い物ができる。

「Suica(スイカ)®」や「おサイフケータイ® 」に代表されるICタグ・ICカードを使ったRFIDシステム技術。買い物をはじめ今や毎日の生活に欠かせないものとなっているが、先月の5月13日から15日まで東京ビッグサイトで、そのRFID技術に関する『第4回RFIDソリューションEXPO』が開催された。 消費者や会員向けへの、さらなるサービスを提供する新しいシステムとしても関心が高く、会場は全国から集まった多くの人でにぎわったが、中でも、ひときわ注目を集めたのが㈱マーステクノサイエンス(村上浩社長)の非接触ICカードによる「ポイントサービスシステム」であった。 同社は平成10年、(株)マースエンジニアリング(東証1部)の新規事業開拓会社として設立され、以来、非接触ICカードやICタグを媒体とした、新時代のソリューションを提供するシステムソリューション企業としてRFIDに関する独自の技術力を蓄積。その技術・開発力をベースに、ユーザー個々の要望に対応してバージョンアップしたのが今回出展したポイントシステムである。新製品として非接触ICカード・多機能端末「MTR-120P」も展示された。 同システムは一枚のカードに買い物ポイント、電子マネー等を集約。商店街や小売店舗で財布要らずで買い物ができ「地域通貨」として顧客ロイヤリティの向上・囲い込みに効果を発揮するという特長を持ち、操作性を重視したタッチパネル式端末で積極的な販促サービスが展開できます。 また、MTR‐120Pは、コンパクトなサイズに非接触ICカード(RF タグ)リーダライタとサーマルプリンタを内蔵し、カラー液晶モニター(タッチパネル)を持つという画期的な多機能端末として高い評価を獲得。交通系ICカードや流通系ICカード、決済機能付携帯電話(おサイフケータイ® )による同時利用も可能で、低コストでのポイントサービス導入を実現している。 システム、端末ともにユーザーの要望に応じて設計変更できるという柔軟性も持ち、独自性、地域性等差別化したサービス展開も可能である。 導入実績としてすでに今春3月には東京ドームグループ系列200拠点以上に約300台のMTR‐120Pを納入。また4月からは内浦商店街(石川県)にて、端末51台も稼動している。なお、同社はICカードなどの媒体はもちろん、リーダライタやロイコカード用のプリンタ、そしてシステムやアプリソフトまですべて自社グループ内で開発しており「メンテナンスやアフターサービスにも万全の体制で臨む」という姿勢が同社に対する大きな信頼の背景となっているようだ。

関連製品

製品詳細へ

コンパクトなサイズに非接触ICカード(RFタグ)リーダライタとサーマルプリンタを内蔵し、カラー液晶モニタ(タッチパネル付)を持ち、Linuxを OSとして採用したプログラマブルな多機能端末です。小売店舗POSレジ横にも置ける小型の筐体にはFeliCa(フェリカ)/Mifare対応のNFCリーダライタや、シリアル、LAN、USBなど各種インターフェースが装備され、ポイントカード用端末やキオスク端末など、さまざまなビジネスシーンに活用いただけます。
※「MTR-120P」におきましては、主要部品の製造中止に伴い、製造を終了することになりました。詳細はこちらをご覧下さい。>>MTR-120P製造終了のお知らせ(PDFファイル)

製品詳細へ

ニュース

プレスリリース

メディア掲載記事

2018年

2016年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

展示会情報

お知らせ